犬の多頭飼いのコツは?注意すべきポイントはコレ!

犬がいっぱいいる生活に憧れるー!!

もう一匹飼っちゃおうかな?
悩むーー(><!

 

SPONSORED LINK

 

犬が大好きな知人が2匹目を飼おうか凄く悩んでいる様子でした。

 

既に一頭犬を飼っているけれども、
それがとても愛らしく、二頭、三頭と多頭飼いしたいと
いう衝動にかられる人は多いようですね!

 

でも多頭飼いって大変じゃないんですかね?

 

そこで今回は多頭飼いについてまとめてみました!
ぜひ参考にして下さい!

 

 犬の多頭飼い、メリットとデメリットは?

 
犬を仮に多頭飼いしたならば、一体どんなメリットと
デメリットがあるのでしょうか。

 

犬の多頭飼いは正直なところ、大変です。
ですが、それ以上に、何頭の犬にも囲まれることで、
毎日が大変充実した日々を送ることになります。

 

犬は、個性があり、どの犬もこの世に一頭しか存在しない
大切な生き物です。

 

犬の多頭飼いのメリットとしては、これまで、留守番を
一頭で行っていたのが、仲間が増えることで、
犬の寂しさは減ります。

 

犬はもともと群れで生活する生き物です。
群れに属することで様々な経験をし、
そして、いろいろなことを学んでゆくのです。

 

つまり、犬の多頭飼いは犬の自然な状態に近く
多頭飼いすることで老犬は若い犬に影響されて、
元気でいることになり、その結果として寿命が長くなる傾向があります。

 

デメリットは、飼育にかかる時間とお金が倍になります。
犬同士の相性が合わなかった場合は、ケンカが絶えません。
それに割って入ることもしょっちゅうです。

 

また、散歩でも多頭飼いしている場合、
全ての犬を同じ方向で散歩をさせることは一苦労で、
なかなかうまくゆきません。

 

さらに、多頭飼いの場合、一頭が伝染病やアレルギーにかかると
連鎖的にかかります。

 

そして、しつけですが、一頭でもしつけができていなければ、
犬はそのしつけができない犬をまねますので、
多頭飼いの場合、しつけが大変です。

 

このように、多頭飼いにはメリットデメリットがありますね・・・
でもデメリットに勝るぐらい
もう一頭飼いたいという衝動にかられているのではないでしょうか?

 

そこで、上手く飼うコツについて紹介して行きたいと思います!

 

犬の多頭飼いって大変?うまく飼うコツとは?

スポンサードリンク

 
多頭飼いは一頭飼いに比べれば、それは大変です。
仮に一頭を既に飼っていて、次の犬を飼うといった場合、
犬の相性が大変重要になります。

 

このときに犬の相性が合わずに失敗すると、
後々まで、犬同士のケンカなどの仲裁に
割って入らなければなりません。

 

初めに飼っている犬の特性を見極めて、
次の犬の相性を考えなければ犬にとっても多頭飼いは不幸です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOriginal update by: angel_shark

つまり犬の多頭飼いを成功させる秘訣は
「性格」を見極める事です!!

 

先住犬が社交的で好奇心旺盛ならば
どんな犬でもその先住犬は受け入れられますが、
攻撃的であった場合、気を付けなければなりません。

 

本来、攻撃的な犬は多頭飼いに向いていません
攻撃的な先住犬がいてもどうしても、と言って多頭飼いした場合、
犬同士でケンカが絶えず、新しい犬もまた、攻撃的になってしまいます。

 

犬も人間と同じですね(´ヘ`;)ウーム…

 

千差万別で犬も一頭一頭個性があり、
多頭飼いに向いている犬とそうでない犬に分けられます。

 

先住犬が甘えん坊であったり、気が弱かったりした場合、
新たに犬を飼うと、それは先住犬にとってはストレスの基にしかなりません。
人間もまた、人間関係に悩む場合が少なくありませんね。
それと同じなのです。

 

先住犬がストレスを感じないようにするためのコツは
「先住犬を優先させる事!」です。

 

先住犬が常に上位であるということを
新しい犬に解らせなければなりません。

 

そのために、餌を与えたりする場合などでは、
先住犬を先にしましょう。

 

このようにして、先住犬が新たな犬よりも上位にあることを
新たな犬に示します。

 

そうしなければ、先住犬が反抗します。
人間で言えば、駄々をこねることと一緒ですね( ´゚д゚`)アチャー

 

犬の相性が合わなければ、すーっと犬同士は不和なままです。

 

それでは多頭飼いのすばらしさなんて感じることもできません。
返って重荷になるだけです。

 

また、2頭目を飼い始めて直ぐに四六時中一緒にさせずに、
徐々にお互いを慣れさせていきましょう。

 

まずは数分間合わせてみて様子を見る。

次にゲージやおり越しに合わす回数を増やして行く。

お互いの認識が出来始めた頃合いで直接合わせてみる。

喧嘩になりそうだったらすぐにゲージに戻す。

 
これを繰り返して馴らして行きましょう♪

 

多頭飼いの最初は、犬もストレスを感じますので、
それをうまく取り除くことが多頭飼いのコツですね♪

Three dogs. One tennis ball. You do the math.Original update by: Jim Thompson

 

まとめ

 
いかがでしたか?

 

犬の多頭飼いはメリットもあればデメリットもあります。
メリットは、犬が複数いるので、飼っていて充実した時間を持て、
また、犬も仲間が増えるので留守番で寂しい思いをしなくなります。

 

しかし、デメリットとして、手間とお金が倍かかります。
その上、犬同士の相性が悪ければ、犬同士でケンカが絶えず、
犬の世話で大変です。

 

多頭飼いのコツは、先住犬がいる場合は、
先住犬の性格に合った飼い方があるということです。
それをよく認識したうえで新しい犬を向かい入れるのです。

 

犬同士の相性がかみ合わなかった場合、
犬は一生、不和なままで、それは、飼い主にとっても
犬にとっても不幸です。

 

ですから、先住犬と新しい犬とを合わせるときは
先住犬の性格をよく認識したうえで慎重に行わなければなりません。

 

しかし、それでも個性豊かな犬の多頭飼いは日常を生き生きさせてくれます。

 

「あの犬はこういう面もあったのか」とか
毎日が新しい発見の連続なのです!
こんなに楽しいことはありませんよ(><

 

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る