犬の嘔吐が続く!原因はなに?

 

犬だっていきなり健康を害するときがあります。

 

それは知ってるけれども・・・
きゃあ!吐いちゃった!
と思っていると・・・
嘔吐が止まらない!何度も吐いてる!

 

SPONSORED LINK

 

原因はなんなの!?

アワワ ヽ(□ ̄ヽ))…((ノ ̄□)ノ アワワ

 

色や吐いたものがどんな様子か、
それをどう観察して
症状を判断すればいい?

 

今回は犬の嘔吐について調べていきましょう!

 

犬の嘔吐が続く原因は?

 

生理的な原因から病気まで、
犬の嘔吐には様々な原因があります。

 

・空腹やストレス

個人的経験で少々恐縮ですが、我が家の愛犬は、自分で勝手にフードを食べずに絶食しておいて、空腹のあまり嘔吐することが多々あります。
また、ストレスから嘔吐を繰り返したことも。
これはわたしが入院で自宅を空けた途端に嘔吐を始めて止まらなくなり、予定を繰り上げて慌てて数日で退院すると、途端に止まってケロッとしていたということがありました。
犬は不安やストレスに弱く、嘔吐を繰り返すという形で訴えることがあります。

 

・異物を飲み込んだ

これも経験で申し訳ないのですが、落としていた薬のPTPシートを誤食してしまい、嘔吐が止まらなくなったことがありました。
原因が分からず病院に連れて行こうとしたところ、シートを吐きだして嘔吐は止まりました。
異物を飲み込んで胃に刺激が続いたことで嘔吐が続いていたようです。
玩具などを飲み込んでいる場合があり、開腹手術に至るケースも少なくありません。

 

・消化器の異常

胃腸や膵臓、肝臓などの消化器の異常から、嘔吐が続くことがあります。
人間のように、胃炎や胃潰瘍、膵炎や肝炎なども、犬は起こしてしまうのです。
食事の内容によって食道を始め、胃腸を傷めている可能性もありますが、消化器系の急性、慢性疾患に罹っている場合があります。
最悪の場合、胃癌ということも可能性は全くゼロではありません。

 

・感染症

パルボウイルスやジステンパーなどに罹った場合も、嘔吐が続くという症状が表れる場合があります。
こういった感染症は、ワクチンで予防することができますので、年一回のワクチン接種を怠らないようにしましょう。

 

嘔吐物の色や形状は様々ですが、
そういった場合、どのような症状が
考えられるでしょうか?

 

 

症状によって嘔吐の色や形状が変わる?

スポンサードリンク

 

犬が嘔吐した場合、様々な原因や症状がありますが、
その場合、色や形状をどのように判断すればいいでしょうか?

 

・透明や白の場合

逆流していたり、空腹のあまり嘔吐した、またはストレス不安ということが考えられます。
心配度は比較的低めです。

 

・黄色の場合

これは胆汁を吐いている時です。
胃腸の動きが鈍っている時に胆汁を吐きだしてしまいます。

 

・赤い場合

薄い赤の場合と濃い赤の場合で症状や原因が違ってきます。
薄い赤の場合は、胃酸が食道を荒らしている、
血が少量混じったものを嘔吐していると考えて下さい。
濃い赤の場合は、消化管からの出血です。
胃潰瘍、ひどくなると消化器に発生した腫瘍も考えられます。

 

・黒い場合

出血が濃くなったと判断してください。
血液が黒く変色した状態です。
こうなると危険信号!すぐに病院へ。
また、泡沫状である場合や、
悪臭を放っている場合も危険です。
すぐに獣医師の診断を受けて下さい。

 

以上のように原因が分かった所で!
嘔吐時、飼い主はどのような対策を取ればよいでしょうか?

 

嘔吐の対策は?

 

まず、たった一度の嘔吐で、
嘔吐物も異常を感じないものであり、
元気な場合は、様子を見ていいでしょう。

 

念のため、丸一日絶食がおススメです。

 

その後、野菜スープなどから始めてみて、
嘔吐を繰り返すことがないか、確認して下さい。

 

何ともなければ大きな異常はないと
判断していいと考えられます。

 

その後、柔らかくしたフードなどから始めてみて下さい。

 

嘔吐の時はビックリして焦ってし合いますよね・・・

 

飼い主様が慌てたら愛犬も不安になってしまいます!

 

落ち着いて対処して下さいね(><

 

さて、犬の嘔吐が続く場合、
病院に行くことは必要でしょうか?

 

それとも嘔吐は自然に治まるのでしょうか?

 

次はこの重要点を見ていきましょう。

 

病院はいくべき?自然に治る?

 

犬の嘔吐時に病院に行くかどうか。

 

これは嘔吐した時の様子によって
判断するべきですが、軽視はできません。

 

嘔吐物が空腹などから来るものと判断され、
犬が元気で繰り返さない、
また、嘔吐とは違って「吐き出し」と呼ばれる、
食物をそのまま吐く上、
場合によってはそれをまた食べてしまう場合は、
急を要して病院に行く必要はないでしょう。

 

少し様子を見ていても自然に治ることがあります。

 

ただ、たびたび嘔吐を繰り返す子や、
吐き出しが多い子は、
一度獣医師に相談してみたほうが無難であると思います。

 

空腹やストレスと思っていても、
思わぬ病気が隠されていることもあります。

 

嘔吐物が明らかにいつもと違って、
しかも続く、止まらない、犬が元気をなくしている、
その場合は必ず獣医師の診断を受けて下さい。

 

異物の誤飲ひとつでも、
飼い主には判断がつきかねますので、
レントゲンが必要になり、
飲み込んだものが排出されなければ手術になります。

 

病気の場合は治療が言うまでもなく治療が必要であり、
感染症ともなれば他犬への感染を防がなければなりませんし、
重篤な病気の進行を防ぐためにも、
嘔吐物の色や形状、回数、犬の様子の異常に気付いたら、
飼い主の判断で様子を見る、
ということはせず、急いで獣医師の診察を必要とされます。

 

 

まとめ

 

今回は犬の嘔吐についてまとめてみました。

 

よくある犬の嘔吐ですが、
いかがだったでしょうか?

 

犬が嘔吐してしまうと、
やはり慌ててしまいます。

 

ただの空腹から、感染症まで、
様々な原因があることが分かります。

 

ストレスを感じやすい子がいることも、
やはり飼い主のケアが必要になります。

 

獣医師との関係を綿密にして、
嘔吐ひとつでも軽視せず、様子を見て、
できれば嘔吐物を持って獣医師の診察を受けましょう。

 

何でもなければ一安心ですからね^^

 

病気ドッグ

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る