犬の小屋が野外にある場合の冬の防寒対策はコレ!

 

念願の犬との暮らし。

 

だけどうちの犬、家の中での噛み癖があって家の中メチャメチャ~(><)
それ以外にも、なんだかんだと理由があって、愛犬は屋外の小屋暮らしへ。
寂しいな。くすん・・・・

 

SPONSORED LINK

 

だけど、それ以上に・・・・。
冬、寒くないのかしら?
寒いと思うんだけど、どれぐらいまでなら我慢できる?

 

飼い主がしてやれる防寒対策は?

 

本当は部屋の中で一緒に、が望みだけど、
仕方がない理由での小屋暮らしの愛犬に、
してあげられる防寒対策などを考えていきましょう!

 

犬は何度まで寒さに耐えられるの?

 

0度から5、6度とばらつきがありますが、本土の平均的な犬なら、
外飼いされていればその程度は大丈夫である犬が多いでしょう。

 

ただ、北海道などの寒冷地にもなると、氷点下、マイナス20度になっても、
犬小屋が雪に埋もれていて顔だけ出していても楽しげにしている犬さえいますので、
生まれ育った地によって大きく違います

 

そして、子犬のうちから屋外の小屋で飼っていたか、
暖かい室内から何かの事情で小屋に移すことになったか、
それによっても耐性は全く違ってきます。

 

犬種によっても違ってきますが、
シベリアンハスキーやバーニーズなどは寒冷地の犬であり、逆に暑さが苦手なため、
寒さにかなり強い傾向が見られます。

 

柴犬などは現在室内で飼われることが一般的になっているので、
マイナス気温には耐えられない犬が多いと思っておいたほうがいいでしょう。

 

小型犬は、正直、屋外の小屋ではお勧めできません
寒さに弱すぎる子たちばかりですので、0度やマイナスなどもっての外です。

 

さて、犬の防寒対策について、どういったことに注意すればいいかを、
次に見ていくことにしましょう。

 

image002
Original update by: istolethetv

 

犬の防寒対策で注意する事は?

スポンサードリンク

 

綿にせよアクリルにせよ、毛布を敷き詰めてやることが原則です。
汚れてもいい安いものを買いこんでおいて、何枚か小屋の中に敷いてやりましょう。
着古したセーターなどでも構いません。

 

自分の匂いが移ってくると犬も安心しますし、それが自分の寝床と認識して
おとなしくなるようになりますから、小屋の中での防寒にもつながります。

 

ただ、噛んだり粗相をしたりしながらも、一度自分の物!と思ってしまうと、
交換のために犬小屋から出すことを許さない頑固な子もいますから、
その辺りは飼い主との上下関係をしっかりと、ですね^^;

 

電気が確保できる環境なら、電気毛布などもお勧めですが、
もし噛み癖のある犬の場合、コンセントやコード部分を厳重に隠すなど気を付けて下さい。

 

硬い物でくるんでしまい、犬小屋の下を通してしまうなど、
犬の目に触れさせない、噛むと苦い味のするスプレーをふりかける、
などの工夫が大切です。

 

次に、簡単に、どんな防寒対策があるでしょうか?

 

3つの防寒対策はコレ!

 

・小屋の中の防寒
毛布を敷くだけではなく、例えば断熱材などを敷いて、それも噛んでしまわないように、
その上に段ボールを敷き、毛布をかけるなどすれば、かなりの防寒対策になります。

 

・小屋周りの防寒
ブルーシートや段ボールで囲んで強い寒風や吹雪などが直撃しないようにして下さい。
また、犬小屋の入口は、玄関やテラス側に向け、風が吹きすさぶ側に向けて
風を真っ向から受けない位置を考えてあげて下さい。

 

・食事での防寒
温かい手作り食などでカロリーを考えてあげましょう。
ドッグフードは栄養バランス的にとても優れていますが、肉や野菜をふんだんに利用した、
暖かい手作り食で、カロリーバランスを整えた食事を作って与え、体が冷えないよう、
そして冬の体力が維持できるように健康管理を工夫してあげて下さい。

 

どうしても駄目!な状況で玄関に入れようとした場合に直面する問題・・・
これをどうすればいいでしょうか?
つまり、玄関に入り慣れていない犬なんですが・・・これを見てみましょう。

 

image004

 

玄関に入れると吠える犬はどうすればいい?

 

一度自分のテリトリーを犬小屋と思ってしまった犬を、
寒いからと玄関に入れても、落ち着かずに吠えてしまってどうすればいいか分からない
こういうことも多いですね。

 

諦めて、防寒対策を完璧にした上で、小屋に戻すことが一番ですが、
半端ではない寒さの時や、本当に犬小屋が雪崩に埋もれた!
という図式の場合は、玄関に入れるしかありませんね。

 

家族の一人が誰か犬の相手ができるなら、おもちゃを使って玄関で遊んでやり、
ここもテリトリーで安全な楽しい場所なんだよ、とそのタイミングを利用して
教えていくしかありません。

 

そういう機会を設けて、徐々に玄関にも慣らしていき、
どうしても外では対応できない時に、玄関でも過ごせるようにしておきましょう。

 

たまに、玄関でも餌を与えるようにしておくのもいいですね。
そして、普段から、吠えることに対するしつけとして、
「アウト」「ストップ」を徹底しておくこと、吠えやめれば褒めることが、
基本中の基本
ですよ^^

 

まとめ

 

屋外の小屋で犬を飼う場合に外せない防寒対策を考えてみました。
いかがでしたか?

 

春夏秋冬、美しい四季のある日本ですが、
人間も犬も体を慣らすのは大変ですし、室内で飼われてエアコンの恩恵を受ける犬と違い、
外で飼われる犬は、特に寒冷地に暮らしていると、冬の寒さをまともに受けてしまいます。

 

上手に防寒対策をして、短くはない冬を乗りきっていきたいものですね。

 

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る