愛犬のご飯!手作りで気を付けることはコレ!

ドッグフードで育ててきたうちの愛犬。
でも、犬仲間の中には、ずっと手作りご飯って人も多いなあ。

 

手作りの方がいいのかしら?

確かに栄養満点のような気がするけれど・・・・。

 

犬にはドッグフードより手作りご飯の方がいいの?
作ってみようかな?喜ぶかな?
作る時に気を付けること、必要なことは?

 
初めてのことだから知らないだらけで、頭の中メチャクチャ~(><)

 
そんな方のため、愛犬の手作りご飯について、
色々と考えていきましょう!

 
他にも愛犬の食事についての悩みに関する記事を紹介しています。
↓ ↓ ↓
犬が食事を食べない!病気なの?
「老犬が食事を食べない!量や回数を減らせば良いの?」
犬の膵炎の症状は?食事療法はどうするの?

手作りご飯とドッグフードの違いは?

SPONSORED LINK

簡単に言ってしまえば、手間が全然違います(笑)

え?それで終わり?

いえいえ・・・。

ドッグフードは研究に研究を重ねて、
栄養バランスを整えられていますね。

 
また、幼年期から老年期まで、犬の一生に合わせて、
または、肥満や足腰などの健康に合わせて、
その必要栄養素が欠乏しないようにフードに含まれています。

 
手作りご飯の場合、これがちょっと難しいところですね。

犬の年齢や健康状態に合わせ、栄養バランスを考えて
逆に多すぎると害になってしまう栄養素を抑えるレシピで
毎日作り続けることが出来るか、その難しさがあります。

 
そう神経質になってたら手作りなんて出来ない!

と思ってしまって終わりですから、
まあ、そう難しく考えるのはやめて、

これはドッグフードという「商品」と、
手作りご飯の「家庭食」を比べた極論に過ぎませんから、

理想は理想として、ドッグフードの長所を理解した上で、
手作りご飯に取り組むことにしましょう。

 

それでは、手作りご飯を始めるに当たって、
まず気を付けることは何でしょう?

dog001

与えてはいけない食材はコレ!

ご存じの通り、犬には害になる、最悪の場合死に至る、
決して食べさせてはいけない食材が多くあります。

チョコレート…最も禁断の食べ物…

これを手作りご飯にという人はいないと思いますが、

例えば果物を使う場合、意外にも、
使ってはいけない果物を知らない人は多いんです。

野菜なら大丈夫、と思っていても、
安心だろうと思われるニンジンを例に取っても、
摂取量が多すぎると害になってしまう

こういうことを全部覚え込んでしまう、

または作るたびにネット等で確認するか、
禁忌素材を一覧表にしてキッチンに貼り付けておく、

そんな風にして、使う食材や量に注意しましょう。

市販のレトルトフードに使われているから大丈夫、
と思う食材でも、それは商品化するにあたって、
加熱方法や量を目安ではなく正確に決めているからで、

大量摂取は良くない、とされている食材を使う時には、
色々な肉や野菜を混ぜてそれぞれの食材量を少な目にした、
人間の雑炊風にするなど、使い過ぎないようにしましょう。

 

使ってはいけない食材は、
うっかり、ということがないように、絶対注意です。

さて、栄養面ではどういったことを考えればいいでしょうか?

必要な栄養素を過不足なく取り入れた手作りご飯!

スポンサードリンク

人間と同様、犬の健康維持にも、必要な栄養素があります。

過剰に取り入れると、
その栄養素が体内に蓄積され過ぎたことが原因での
病気に繋がる場合もあるので
注意が必要になりますから、
過不足なく、ちょうど良いバランスで
摂取できるように作ってあげましょう。

・炭水化物

ご飯やパンを中心として含まれる栄養素です。

手作りご飯に利用するとして、犬に与えやすく、
犬も喜ぶのはじゃがいもやさつまいもです。

じゃがいもは毒素を含む芽を残らず抉るように
取り除くのを忘れないで下さいね。

さつまいもはじゃがいもよりもカルシウムの含有率が高く、
自然な甘みがあるので、好む犬も多いですよ。

 

・タンパク質

肉類に含まれていて、タンパク質の中には
必須アミノ酸」が必要摂取な成分として含有されています。

この最低必要摂取量を確かめておいて、
不足しないように手作りご飯の中に取り入れて下さい。

肉類の脂身は、過剰な脂質摂取に繋がりますので、
取ってしまって下さいね。

 

・脂質

脂っこすぎるご飯は全然問題外ですが、
おやつを作る時にオイルを敷いて焼いたり、
サラダオイルやオリーブオイルなど、
リノール酸を摂取する意味でも必要な栄養素です。

特にオリーブオイルは、
オレイン酸、ポリフェノール、ビタミンAなども含んでいます。

 

・ビタミン

牛や豚のレバー、卵黄などに多く含まれています。
また、チーズもビタミンを含む食品です。

こういった食品は犬が好んで食べますから、
ご飯を手作りして与えるのに、利用しやすいと言えるでしょう。

 

・ミネラル

カルシウムやマグネシウム、鉄など、
骨や関節、血液などに大切な成分ですが、
過剰に摂取すると結石を起こす原因にもなるので、
多すぎず少なすぎずの注意が必要な栄養素です。

必要摂取量をよく知り、
過不足のないようバランスよく与えましょう。

 

難しいと感じてしまいますが、
大事な必要栄養素を摂りいれることが健康な食事の基本ですから、
手作りご飯を与えるなら、やはりこれは押さえておきたいところですね。
 

研究!と頭を抱える必要はありませんから、
どういう食材がどういう栄養素を含んでいるか、

そしてどれぐらいの含有率かを簡単に理解しておいて、
人間のように毎日献立を変える必要もないですから、
決まった量の食材を使って数日置きにループすれば、
必要栄養素は摂れるはずですよ。

dog002

Orignal update by :istolethetv

まとめ

ドッグフードを食べていても、
手作りご飯に切り替えたら、ドッグフードを食べなくなった
という犬が多いようです。

おかあさんの作ったご飯が美味しくて大好き!

という愛犬は可愛いですね^^

 

ただ、ひとつ注意が必要です。

やむにやまれぬ理由で
ペットホテルや別居の親兄弟に預けることになったり、

入院させることになった場合、
手作りご飯を与えることは出来ません。

ドッグフードを全然食べない習慣をつけるのではなく、
手作りご飯を楽しみながら、
ドッグフードも食べられるようにしておいたほうが、
緊急の場合に困らずに済みます。

 

子どもさんの離乳食や幼児食を作るような楽しみのある、
犬の手作りご飯

栄養バランスを考え、
そして犬の好きな食材をどんどん取り入れて、
犬が喜ぶ食事タイムにしてあげましょう。

さあ、頑張って下さい!

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る