猫の脱走を防止したい!玄関に施す対策法とは?

ドアや窓を開けた時に足元をすり抜ける影…
また逃げた…!

 

SPONSORED LINK

 

飼い猫の脱走との戦いは猫がいる家では日常茶飯事です。
猫の体は柔軟で通れないだろうと思われる隙間も
通り抜けてしまいます。

 
また、猫は賢い動物なので人間の行動をよく見ています。
脱走されたら心配で仕方ないですよね!

 
ここでは猫の脱走の原因や予防法についてご紹介していきます。
 

猫が脱走するのはなぜ?

まず、猫が脱走する原因を考えてみましょう =^∇^*= にゃお~ん♪
余程の怖がりや臆病でない限り、猫は脱走を繰り返します。

 
でも原因を考える人は少ないようです。
原因を知れば、脱走の防止になるかもしれませんよ。

原因①:好奇心
猫は好奇心旺盛な生き物です。
ご主人様が毎日のように出ていく外の世界に
何があるのか気になっているのです。また、外にいる虫や鳥を追いかけて
思わず脱走するというパターンもあります。

 

原因②:飼い主さんの外出を阻止したい
ご主人様が大きな荷物の準備をしている…
そんな様子を猫はよく見ています。猫は意外に寂しがりなので、
一人で留守番をするなら阻止したいと考えるのです。

脱走すれば阻止できるなんて…愛情確認もかねているみたいですね。

 

原因③:不満がある
元々猫は自由な生き物です。
本来なら自由に外に出たいのに、
いつも家の中に閉じ込められているのが嫌になります。そういった不満が募って脱走を試みる可能性もあるんですよ ( ̄Д ̄;) ガーン

 

本能に従った行動とも言えますね。
ご主人様と一緒にいたい、という行動の現れでもあるので、
一概に怒ることもできません。
 

猫が脱走したときの探し方

 

スポンサードリンク

 

猫が脱走したら絶対にやってはいけないことがあります。
慌てた飼い主さんは大声で名前を呼んで追いかけようとします。

実はこれはNGですΣ( ̄ロ ̄lull) ガビーン

 
猫にとっては怒られていると思って更に逃げますし、
パニックになっている可能性もあります。

 
飼い主さんは平静を保って体制を低くし、
いつも通り名前を呼びましょう。
もし近くに居るようなら、猫の方から寄って来るのを待ってくださいね。

 
脱走して姿が見えない場合…心配になりますが、良く考えてください。
猫は家に住む生き物ですから、
そんなに遠くに行っていることはありません。

 
特に人の出入りの多い昼間は狭い、
暗い所に身を隠してじっとしています。

 
いつも食べているエサの音をさせたり、
エサを置いておくことで出てくる可能性もあります。

 
脱走してから時間が経ってしまった場合は、夜になったら探しましょう。
猫は夜行性なので夜になると行動を起こします。

 
どうしても見つからない場合は、
簡単なチラシを作って近所に呼びかけてみてください。
内容は猫の写真・連絡先・簡単な特徴
というシンプルなもので構いません。

 

1ヶ月以上見つからない場合は、
もう会えないことも覚悟した方がいいかもしれません・・・
 

玄関に施す脱走防止策

dassou01
http://free-photos.gatag.net/

 
猫が脱走するのに一番の狙い目は玄関です。
これは飼い主さんが出かける時ではなく、
帰ってくる時がチャンス大( ̄ー ̄; ヒヤリ

 
玄関で待機してドアが開いた途端に
足元をすり抜けて出て行ってしまうのです。
では、玄関に施す脱走防止術を紹介します。

 
手っ取り早いのは「ベビーゲート」を置いておくことです。
赤ちゃんのいる家で
キッチンなどに赤ちゃんが入って来れないように立てかける柵ですね。

 
外出時に玄関を出る前にしっかりとドアの前に立てかけておきましょう。
しかし猫は学習能力が高いので、
少しすれば飛び越えて出てくる可能性もあります。

 
そんな時は玄関全体を覆うアコーディオンカーテンが有効。
あまり軽いと自分で押したり開けたりしてしまうので、
ある程度強度のあるもの。

 
普段は開けておいて出かける時にしっかりと閉めておけば
帰宅の時に安心です。

 
多少、お金はかかりますが、
大事な猫ちゃんを守る為にも考えてみてくださいね(⌒-⌒)ニコニコ…
 

猫の脱走予防策

dassou
http://free-photos.gatag.net/

 
玄関の他にも猫が脱走するルートはあります。
家の中で大人しくしているようで、
ちゃんと人間の行動を見ているんですよ(=v=)ムフフ♪
 

●ベランダ対策
マンションなどで飼っている場合は、
ベランダからの脱走も考えられます。
2階、3階くらいなら普通に飛び降りてしまう猫もるんですよ。ぉお!!(゚ロ゚屮)屮
ベランダに鳩避けに使うようなネットを装着しましょう。
ベランダのサッシ部分の手前側につけて、
猫が柵に登れないようにすることができます。

取り付けも簡単なのでベランダ脱走対策には打ってつけです。

 

●窓対策
窓からの脱走もよくあります。
窓は場所によって大きさも違いますので、
100円均一などで揃えられるもので良いです。

ツッパリ棒に拘束バンドでワイヤーネットを括り付けて作ります。
窓の大きさに合わせて取り付けてみてくださいね。

 

もし脱走した時のために、
首輪に迷子札を付けておくのも効果的です。
連絡先を書いておけば見つけた人が
連絡をくれる可能性が高くなりますヽ(=´▽`=)ノ
 

まとめ

dassou03
http://free-photos.gatag.net/

 
我が家の猫は長年の経験から
自分でドアを開ける術を身に着けました。
横開けのドアや窓はお手のもの。

 
元々、自由に外出していたので、
そんなに心配もしていなかったのですが
帰ってくるとドアをとんとん、ノックします( 」´0`)」オォーイ!

 
そのくらい猫は学習能力が高い動物です。
猫の運動神経を軽く見ないで、
確実な脱走防止方法を検討してくださいね。

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る