猫が好きな食べ物は?魚以外は?

わーい!!
我が家に念願の猫ちゃんが来たぞー!

 
なんて喜びもつかの間、猫の好きな食べ物ってなにかしら?
猫エサばかりではあきちゃうから、
人間と同じものをあげてもいいのかな?
 

SPONSORED LINK

 

あの可愛さからつい甘やかして、
欲しがるものをあげてしまいがちですが
猫にはあげてはいけない食べ物があるって知っていましたか??

ここでは猫が好きなものから、与えてはいけないものまで
猫ちゃんの「食」について紹介していきます。
 

猫は本当に魚が好きなの?

food01 http://www.ashinari.com/

猫は魚が大好物。
猫は魚が大好きというのは、
誰でも知っている常識みたいになっていますね。

 
でも、良く考えてみてください。
同じ猫科のライオンやトラは魚よりも肉食ってイメージですよね?

 

諸説ありますが、
猫はサバンナのような危険地帯には住んでいません。
それに人間と生活するようになってからは、
人間と同じようなものを好むようになったのです。

 
特に日本人は和食=魚が好き
そこから猫の魚好きはきているようですね。

 
実際に猫は魚が大好きです。
しかしあげるときには、骨や内臓は取り除いてからあげましょう。

 
骨は喉に刺さる可能性がありますし、
内臓は毒を持っていることがあります。

 
生魚でもバリバリ食べてしまいますが、
寄生虫がいる可能性が高いので火を通してからあげてくださいね。
 

猫が欲しがる食べ物は?

food02
http://www.ashinari.com/

 
飼い主さんが美味しそうに食べているのをじっと見ている猫ちゃん
(๑ↀᆺↀ๑)✧

 
そんなに美味しいものなら欲しいな、と思うのが猫親心…。

 
食べるという行為は人間も猫も同じです。
飼い主さんが食べているものに興味を示すのは、当たり前ですよね。

 

そんな食べ物の中で特に猫が欲しがるものって何でしょうか。
ここでは魚以外に良く欲しがる食べ物を上げていきます。
 

●ハム・魚肉ソーセージ
魚に近いというのもあるのか、よく欲しがります。
足元にまとわりついてニャーニャー鳴くくらい求められますよ。

 

●イカ・タコ
数ある魚介類の中で、1番反応が凄いのがこの2つです。
イカをさばいているときなんて、まな板にジャンプしそうな勢いです。

 

●生クリーム・牛乳
乳製品も大好きな猫が多いですね。
ショートケーキをテーブルに置いておいたら生クリームをなめていたことがあります。

 

他にも鶏肉、食パン、ソーセージなども好きな猫が多いですね。

我が家の猫はラーメンが大好きです。変な子…。
 

一度贅沢させると、その後の食事に影響する?

 

スポンサードリンク

 

猫エサにも様々な種類があります。
カリカリした硬めのものから、しっとりしていて食べやすいものまで。

 
メーカーによっても多少風味が変わるようです。
猫エサを食べたことはないですが、あげた時の猫の反応が違います

 

知り合いの猫は一度あげた高級猫エサの虜になってしまい
そのエサ以外は食べないそうです。
やはり美味しいものは、猫ちゃんも分かるんですね。

 
人間用の食事を欲しがるからといって与えてしまうと
絶対に次からも欲しがります。

 
それは徐々にエスカレートして、テーブルに乗ってきたり
飼い主さんの食べている横から手を伸ばしたり…

 
人間だって美味しいものは、覚えてしまうとまた欲しくなりますよね。
猫も同じなのです。

 
一度の贅沢は、その後の食事に見事に影響します。
最初のしつけを崩さずにきちんと管理してくださいね。
 

猫に食べさせてはダメな食べ物は?

food03 http://www.ashinari.com/

 
人間が普通に食べているものでも、猫には食べさせてはいけないものがあります。
飼い猫が欲しがると、つい与えてしまう飼い主さんは多いと思います。

実は私もつい自分が食べているものをあげてしまうことがあります。
しかし中には猫にとって害になるものがあるので、注意しなければいけません

それでは猫に食べさせてはいけないものをご紹介します。

・玉ねぎや長ネギなどのネギ類
・イカ
・生の豚肉
・牛乳やチーズなどの乳製品
・塩分の多い食品

ネギ類は有名ですね。
これは猫の血液中の赤血球を破壊する成分が含まれているので
貧血を起こしたり、血尿を出したりします。

加熱しても破壊されないので絶対に与えてはいけません。

イカは猫が大好きで欲しがるものにも入っていますが
生のイカを食べるとビタミンB1欠乏症を起こし、腰がふらついて歩行困難になることがあります

生の豚肉には、人獣共通感染症の一つである「トキソプラズマ症」の感染源となる
トキソプラズマのオーシストという卵のようなものが含まれていることがあります

乳製品は一見、与えても良い感じがしますが
猫は乳製品に含まれる乳糖分解する酵素が少ないので、下痢を起こしてしまいます

ほとんど汗をかかない猫は人間の3分の1程度の塩分しか必要としません
塩分の多い人間の食べ物を食べると塩分過多になってしまうのです。

 

与える食べ物で寿命が半分に!?なぜ食べ物が大切なの?

当たり前ですが、猫と人間の体質は違います。
人間に必要な栄養素と猫に必要な栄養素も異なります。

人間でも食べ過ぎたり、海外での食事が合わないと
体調を崩したり、病気になったりしますよね。

同様に、猫には猫に合った食事を与えないと、病気がちになり
寿命が縮むとまで言われているのです

食べ物によって、猫がかかりやすい病気は以下の通りです。

・アレルギーによる皮膚炎
・下痢・嘔吐
・腎不全
・尿石症
・内部寄生虫症
・歯周病

 
猫は古くから人間と生活を共にしていますが、昔は飼い猫というよりも
天井裏のネズミ退治を主な目的としていました。

ですからキャットフードを与えるということは少なく
ほとんどが人間の食べたものの残り物を餌にしていました。

当時の猫の寿命は長くて5年といった感じでした。

それが現在はキャットフードの普及率が90%を超えています。
キャットフードはその名の通り、猫に必要な栄養素を備えたフードです。

キャットフードを与えるようになってから、猫は長生きするようになり
現在の寿命は10年~12年ともいわれています

このように与える食べ物が生きる上でとても大切であることが分かりますね。

市販のキャットフードは安全ではない?

猫に与えるキャットフードといえば、市販のフードを思い浮かべる人が多いでしょう。
実際に飼い猫に与えている人がほとんどだと思います。

しかしその原材料を知ることで、市販のフードが安全でないことが分かります
キャットフードの原材料を見ると、あまり馴染みのない言葉が書いてありませんか?

それこそ、猫の健康を害する危険性の高い原材料なのです。

例えば、肉類として「家禽ミール、肉副産物、ポークミール、チキンエキス」などと
書いてあることがあります。

これらは4Dミートと呼ばれる劣悪な原材料を使っている可能性があります

これは人間用に加工した際に出るクズ肉、内臓や皮、爪、頭など、鳥ならクチバシやトサカを
細かくすりつぶし加工し脂肪を抜いたものなのです。

同様に魚類として「フィッシュエキス、マグロミール、カツオミール、白身魚ミール、乾燥しらす」など
表記がある場合も作り方は4Dミートと変わりません。

見慣れた表記として「トウモロコシ、コーングルテンミール、パン粉、小麦、米」という
表記のフードもあります。

これらは人間がいつも食べているものが含まれているので、安全そうに見えます。
しかし、猫は肉食な為こういった穀物を食べると腎臓の病気にかかりやすくなります

穀物は、単純に安くフードを提供するための量増しのために使用されているのです。

更に防腐剤も注意が必要です
ローズマリー抽出物、緑茶抽出物、BHA、BHT、エトキシキン」などの表記はすべて防腐剤です。

防腐剤も猫の体に少なからず悪影響を与えるモノの一つだということを覚えておきましょう。

誤ったフードを与え続けると、涙やけや腎不全などの軽度の病気から重度の病気までかかってしまう可能性があります

フードについて知らない事がある方は、こちらの記事をチェックしてみてください。

>>なぜ獣医師は市販のキャットフードを推奨しないのか?

まとめ

food04 http://www.ashinari.com/
いかがでしたか?

人間と同じように猫の健康を守るためにも、食べ物は重要なのです。
つい市販の餌で済ませてしまうと、ゆくゆくは大きな病気を引き起こす可能性があります。

家族のように大切な飼い猫には長生きしてほしいものですよね。
そのためには、飼い主さんが日々、飼い猫の食事に気を付けてあげるしかないのです。

猫の食事についてもう一度、考えてみてはいかがでしょうか

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る