猫の平均体重はどれくらい?肥満対策はコレ!

あれ・・?うちの猫、太りすぎ!?Σ(゚д゚lll)ガーン
最近、うちの猫のお腹がぽっちゃりしてきたような。

 

SPONSORED LINK

 

あっ!脂肪が厚すぎて肋骨に触れない!
これは結構やばい・・・?((((;゚Д゚))))ガクブル

 
はい、そんな方に猫の肥満についてよく知ってもらうべく、
今回は肥満が原因の病気や肥満の対策について
お教えしようと思います。

飼い猫の命に関わりますので、
しっかりと勉強してくださいね!ヽ(`Д´)ノ
 

猫の平均体重はどれくらい?

taijuu01 Original update by: Bev Sykes

まずは、猫の平均体重を確認してみましょう。
年齢によってもその平均は変わりますので、
年齢ごとに表にまとめてみました。
 

年齢 体重
生まれたばかり 約100~120g
1週間 約200~250g
2週間 約250~300g
3週間 約300~400g
1ヶ月 約400~500g
2ヶ月 約950~1000g
3ヶ月 約1~1.5kg
6ヶ月 約2.5~3kg
9ヶ月 約3~3.5kg
1年 約3.5~4.5kg

 

猫の体重は、年齢が1歳を越えてからは、
ほとんど変わらないのが理想です。
よって1歳以降の猫の平均体重は
3.5kg~4.5kgだということになります。
 

どこからがデブ猫?肥満予防とダイエット

体重が平均の4.5kgを越えたら、という判断方法もありますが、
実は猫の種類によってある程度の差があるのです。
よって、まずは猫の見た目で判断してみましょう。

 
判断する場所は「お腹周り」。
人間と同じく、ここにお肉が付きやすいのです。

 
ではどんなお肉の付き方なら標準体型、
太り気味、肥満と判断できるのか、簡単にまとめてみました。

 
猫の体型を判断するには、

① 肋骨や背骨に触れることが出来るか。
② 真横から肋骨が確認できるから
③ 上から見て腰にくびれがあるか

という3つのポイントが重要です。

 
―標準体型の猫―
脂肪はうっすらと付いてはいるものの・・・

① 肋骨や背骨に触ることが出来ます。
② 真横から見ても、肋骨は確認できませんが、
③ 上からみると腰にある程度のくびれがあります。

taijuu02
Original update by: Takashi Hososhima

 
―太り気味の猫―
標準体型の猫よりも厚い脂肪がついており、

① 肋骨や背骨に少しだけ触れることが出来ます。
② 真横からみても、肋骨は確認できない状態です。
③ 上から見て腰のくびれもほとんどありません。

taijuu03 Original update by: Thomas Matthews

 
―肥満の猫―
脂肪がかなり厚く、
① 肋骨に触れることが出来ません。
② 真横から見ても、肋骨が確認できません。
③ 上から見てみても、腰のくびれがありません。
④ お尻も丸くなっています。

taijuu04 Original update by: Petra Spiess

判断基準は分かって頂けたでしょうか?

参考になる写真も載せてみましたが、肥満の猫は・・・
はい、言うまでもなくデブ猫と言ってしまっても良いかも知れません。
(飼い主さん、ゴメンナサイm(_ _)m)

 
しかし、こんなに太ってしまうと、
見た目だけの問題ではなく、健康にも悪影響を及ぼします。

次に、肥満がもたらす病気についてお話したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

猫の肥満が引き起こすリスクとは?

人間と同じように、
猫も肥満になると次のような様々な病気になってしまいます。

今回は代表的な4つの病気についてご紹介します。
 

① 循環器疾患
体重が増えると、心臓に負担を掛けます。
なぜなら、重い体を動かすためには、
たくさんの酸素を体中に行き届ける必要があるからです。
心臓に負担をかけてしまうと、
心筋症をはじめとする様々な心臓病を引き起こします。
工ェェェェ(゚Д゚)ェェェェェ工

 

② 呼吸器疾患
肥満になると肺などの臓器にも負担を掛けます。
呼吸器が脂肪で圧迫されてしまうからです。

 

③ 脂肪肝
肥満になると、血中コレステロール値が高くなります。
その血中コレステロールが高まると、
体の組織に脂肪がくっつきます。
肝臓に脂肪が付いてしまうと、脂肪肝になります。
その結果、肝硬変になり肝臓がんにまで悪化する可能性もあります。

 

④ 糖尿病
食べすぎが原因で肥満になった場合、
膵臓に大きな負担を掛けている場合があります。
すると、インスリンの分泌が異常になり、
糖尿病になってしまう危険性が高まります。

 

猫の肥満対策は?

では、飼い猫が肥満にならないために、
あるいは既に肥満の場合など、
体重を減らすために何をしたら良いのかご説明しましょう。

 
ポイントは以下の3つです。

① 食事は適量で
まず、肥満にならないためには小さいうちから
食事を適量だけあげましょう。

量や餌のタイプによってカロリーをコントロールしましょう。
小さいうちから適量を与えておくと、その適量で満足してくれます。

今まで餌をあげすぎていたという方は、
少しずつ量を減らしていきましょう。

急に餌を大きく減らすと、
猫にストレスを与えてしまいますので、
「少しずつ」がポイントです。

メインの餌以外のおやつやご褒美も
なるべく与えないようにしましょう。

また、猫の餌にはあまり知られていない危険もあります。
知らずに市販のキャットフードを与えている飼い主様もいるので、
獣医師が語るおすすめのキャットフードも参考にしてみてください。

 

② 運動させる
ねこじゃらしなどを使って、飼い猫に運動をさせましょう。
猫の機嫌次第では難しいですが、
飼い主自身も楽しんで遊べるよう工夫してください。

 

③ 体重測定を定期的にしよう
昔、自分の体重を測り続けるだけで痩せる
というダイエットが流行りましたね。
自分の体重を可視化することで危機感を持たせることが狙いです。
体重を把握することで、
食べるものに気をつけようという意識が芽生えます。
 

猫も同じことで、猫の体重を定期的に測ることで、
飼い猫の体重管理に意識が向くようになりますよ。

 

まとめ

いかがでしたか?
あまり飼い猫の体型について考えたことがない方は、
まず今回説明したように、ボディチェックをしてみてください。
太りすぎていたら要注意です!

 
カロリーコントロールと、適度な運動
そして定期的な体重測定を行ってくださいね。

 
猫は自分では体重を管理できません。
飼い猫の健康は飼い主であるあなたに委ねられているのです。

 
怖い話

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る