猫のペットホテルはストレスがたまる?留守番とどっちが良い?

急なおでかけ、
でも留守中猫ちゃんの面倒をみてくれる人がいない

猫ちゃんをペットホテルに預けてみようかしら?

 

SPONSORED LINK

 

核家族化もあり、猫ちゃんを置いて留守にする時、
なかなか面倒を見てくれる家族がいない場合が多いですよね!

 
まして家族以外の人となると、頼みにくいものです。

 
私も同様で、家人が誰もいなくなってしまう時は、
泊りがけのお出かけは諦めてしまいがちです・・・

 
でも、ペットホテルに預けるという手段はどうなんでしょうか?

 
今回は、そんな気になるペットホテルについて調べてみましたよ♪
 

猫のペットホテルとは?

CatHotel01
Orignal update by Karamellzucker

私もとっても興味があり、
ペットホテルについていろいろ調べてみました。

 
何年か前に、たまたまこのペットホテルの事が話題になり、
何人かの猫ちゃんの飼い主さんに聞いてみました。

 
当時は

「預けずに済ませられるのであれば、
なるべくなら預けるのはやめておいた方がいい」

との意見が多かったのです。

 
しかし、ネットで調べてみると、
今は昔と違ってペットも多様化し、
ペットホテルも昔とは大分違ったものができているようでした。
 

特に驚いたのはΣ(・ω・´ ノ)ノナヌッッ!!
猫ちゃん専用のホテル』ができていたことです。

昔のようにワンチャンといっしょでとか、
狭いゲージに入れっぱなしというものではなく、
すべて猫ちゃん仕様なんです!
 

高級ホテル並み
猫ちゃんの心理を研究してあり、
慣れるまでは狭い隠れる空間を用意し、
ある程度慣れてきたら外の景色を楽しんだり、
遊んだりできる空間も用意されていました。

眠る場所もゲージでなく、
他の猫ちゃんと顔を合わせず専用の部屋でという事でした。

このサービスだと、料金は少々高め
1ルーム¥5,000~¥6,000位

 

庶民的な旅館並み
昼間はフリースペースで遊び、
夜になると広めのゲージに戻る。

料金は1泊¥3,200
フリースペースなしでゲージのみの場合は、1泊¥2,350

 

昔からのペットホテル(ユーズホステル並かな?)
昔からあったタイプのペットホテルで、
動物病院などに併設されたもの。

ゲージに入れてのお預かり。
24時間¥3,000~3,500位

 

随分いろいろなタイプがあるようです。

 
料金、獣医さん常駐の動物病院など
大事な猫ちゃんを預けるとなると悩みますネ∑(✘Д✘๑

 

スポンサードリンク

 

猫のペットホテルはストレスがたまるの?

さて、ホテルでの猫ちゃんのストレスってどうなんでしょうか?

なにかと神経質で環境の変化を嫌う猫ちゃんは、
知らない場所の慣れないゲージで長時間過ごす
という事自体かなりストレスを感じていると思います。

猫の環境の変化に対するストレスについて
カナダで調査されていました。

 
猫ちゃんが大きなストレスを感じるのは、
隠れる場所のないような締め切った空間で、
人間がやたらに触ること
だそうです。

 
ペットホテルの様々なスタッフにあちこち触られたり、
見知らぬ場所のゲージに
猫ちゃんが一人ぼっちで入れられたりするような状況は
やはりストレスがかかるという事ですね。

 
いや、これ猫ちゃんに限らず人間でもストレスですよね^^;
 

留守番とどっちがおすすめ?

CatHotel02 https://www.pakutaso.com/20130711203post-3075.html

多くの飼い主さんの意見は、
なるべく慣れた我が家での猫ちゃんの留守番をすすめています。

 
2日以内の留守なら、お家での留守番は可能とされています。

 
個体差があるものの、
環境が変わることが大きなストレスになる猫ちゃんにとっては、
十分な準備を整えた上で、留守番をさせる方がお勧めです。

 
どうしても、3日以上留守にすることになるようなら、
飼い主さんの納得のいくペットホテルを探して
預けることも考えなくてはいけません。

飼い猫ちゃんの性格なども考慮して決めたほうがよさそうです。
 

猫が飛行機に乗るときはストレスがたまる?

お留守番も預けることも難しい場合は、
一緒に連れて行くという選択肢もあります。

 
しかし、飛行機などに搭乗する必要がある場合は、
やはりストレスがかかるものです。

 
飛行機では基本的に動物は、
ゲージに入れて客室と同じ温度に設定した貨物室に
預けられる形
で移動することとなります。

 
この、貨物室で飼い主さんと離れての移動
猫ちゃんにはかなりのストレスになると思います。

 
特に猫は自動車に乗せただけでも緊張で酔って吐いてしまったり、
飼い主さんと離れて嫌いな音を聞いたりなどつらいものがあります。

 
長時間になるようなら、動物病院で獣医さんに相談して、
鎮静剤等の処方をしてもらった方が良い
ようです。

 
部屋が変わったり、見知らぬ場所に行ったりするだけで
ストレスを感じる猫ちゃんが、
ストレスがたまらないとは思えないです・・・

 
また、ストレスだけではなく、
ごくまれにこの貨物室などの温度設定がうまくいかず、
事故につながるケースもあるようなので、注意が必要です。

 
飛行機好きの私は全く感じませんが、
私の猫ちゃんを乗せるとなると、正直悩んでしまうところです。
 

まとめ

なかなか、長期の留守というと悩んでしまうことが多いですね゚(゚´Д`゚)゚。—–ン!!!!

 
でも、引っ越しなどでどうしても移動しなくてはいけなかったり、
やむにやまれず猫ちゃんを長期で置いて行かなくてはいけない時は、
どうしてもホテルに預けるなどの方法を考えなくてはなりません。

 
猫ちゃんに甘々の私はどうしていいか・・・になってしまいます。

 
ただ、私が猫を飼いはじめた(現在16歳)頃に比べると、
ホテルも格段に快適そうなところも増えていたし、
飛行機での移動も、ペットに配慮したものができていました。

 
どの手段をとるにしても、
なるべく猫ちゃんに負担がからないように
動物病院の先生によく相談するなど、
色々な事前準備はしたほうがよさそうです(^∇^)

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る