猫の多頭飼いのコツは?注意点はコレ!

猫のあの仕草この手触り冷たい態度!
でもこれが猫好きにはたまらない!!

 

あ~~!

もっとたくさんの猫ちゃんに囲まれて暮らしたい!

SPONSORED LINK

ということで、
沢山の猫を飼ってみたくなってしまうこともあるでしょう。

猫同士でグールーミングをしたり、
お昼寝している姿を見て癒されたくはありませんか?ヽ(゚∀゚)ノ

 

そこで今回は猫の多頭飼いについて、色々調べてみました。

ぜひ参考にしてみて下さい♪

猫の多頭飼い、やっぱり費用が大変?

CatTatou01
Orignal update by : Bryce Edwards

複数の猫を飼う場合、
費用は一体どの位かかるものなのでしょうか?
せっかく一緒に暮らすのだから、
なるべく快適に過ごしてほしいものです。

 
実際、消耗品は増えますが、
飼っている猫の頭数分の金額がかかるというわけではありません。
私が思うにお金がかかるポイントは以下の3点です。

 

  • 餌代金
  • トイレの砂
  • 医療費

 

では、それぞれについてもう少し詳しくみていきましょう♪

●餌代金
飼い猫の数が増えれば増える程、餌代が心配!
と思うかもしれませんが、
案外そこまで大幅なコストアップするわけではありません。
 
缶詰の場合は分量の多いものを分けてあげたり、
1匹で食べきれなかった分を
全部他の猫にあげたりすれば良いんですよ♪

また、ドライフードであれば大きい袋のものを買って
分けて与えれば良いですよね!

つまり金額が2倍とかになるわけでもなく、
1.2〜1.5倍程度で押さえる事ができるんですね♪

 

●トイレの砂
トイレは飼う猫の数プラス1くらいの数
用意してあげるのが理想です。気になるのは砂の量!
単純に2倍以上かぁ~・・・って悩みますよね。汗

 

ただ、これも大きい袋のものを買うようにすれば、
思ったほど高くないと思います。

コストコなどで大きなサイズを安い値段で
手に入れる事ができます!

10kgぐらいの容量のものが、
1300円程で購入できることもあるので、
チェックしてみてくださいね。

 

●医療費
問題は医療費です・・・汗
こればっかりは飼っている猫の数だけ必要なので
覚悟して下さいΣΣ( ̄◇ ̄;)!ハウッ!?

人にもよりますが年間5万円はかかるのではないでしょうかね・・・

ペット保険に入った場合は月5000円だとして、
年間で6万円です。10万円は超えてきそうですね、、、汗

ちなみにペット保険は何かあった時の為に、
入っておかれる事をおすすめします!

 
ん〜・・・
それでも飼いたい!
っと思ったあなた!

根っからの猫好きですね♪笑
 

では次は、先住猫と新入り猫とのトラブルについて学んでいきましょう!

スポンサードリンク

先住VS新入り!猫同士のトラブル回避のコツは?

先住猫ちゃんは当然、
自分の縄張りに見知らぬやつが入ってきたと
警戒し威嚇したり、怒ったりします。
 
我が家の猫はちょっとオットリしていたので、
怒ったりとかはしませんでしたが、
やはり最初は警戒して
遠くからじ~っと様子を見ていました。( ・_・)ジッ→→→

 

ではトラブルを起こさないための3つの対策を見ていきましょう!
 
●新入り猫を隔離
先住猫が新入り猫に慣れるまで、隔離する。
 
私が猫の立場だとして、
いきなり入ってきた他人(他猫?)と
急に住め!って言われたら、

Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン

って突っ込んでしまいます(笑)
 
まずはお互いを知る事が大切ですので、
その手助けをしてあげることですね。
 
隔離できる別の部屋がない場合は、
ケージに入れて慣れるまで何日でも隔離する。

ケージ越しに対面させて、慣れてきたら外に出し、
喧嘩になりそうだったら新入り猫をまたケージに戻す。
この繰り返しをして徐々に慣れさせましょう!
 
先住猫に自分の縄張りを、新入りがとってしまった
と思わせないようにする事がポイント
ですよ!
 
●何事も先住猫優先
新入り猫がどんなに可愛くても、先住猫をより可愛がり、
とられたという気持ちを起こさせない。

生き物は誰しも焼きもちやきなんですね(><
子供でも同じですよね〜(笑)
 
妹や弟ができると、どことなく寂しがったり、
赤ちゃん返りをしたりしますが、
猫もさほど変わりはないのかもしれません^^

 

ちなみに今でも我が家の猫たちは、
特に甘ったれのオス猫は焼きもちをやいて
もう一匹の猫を軽くかんだりしますよ。汗
 
●猫同士の関係は猫同士で
猫同士でいざこざが始まりだしたら、
ついつい手を出してしまいそうになるのですが、
飼い主は黙って見ていましょう!

そしてもし、大きな喧嘩をしていたり
怪我をしそうになったりした時は、
叱るのでなく、おやつやオモチャで気を引いて
やめさせるようにするといいです。

人が介在すると、どちらかがかばわれている
という勘違いを与えてしまったり、
最悪の場合どちらの猫からも信用をなくす事に
なってしまいかねません・・・ヾ(・・;)
 
ぐっ!!っと我慢ですよ(><
 
以上が猫の多頭飼いのトラブルを回避するためのコツです!
子供を育てるのと同じようなもんですよね♪

猫の気持ちになって考えてあげて下さい!

 

では最後に、多頭飼いの注意点について、
もう少し掘り下げてご紹介していこうと思います!

CatTatou02 Orignal update by : zaimoku_woodpile

猫の多頭飼いの注意点はコレ!

それでは最後に3つの注意点をご紹介したいと思います!
快適な猫との生活を送る為に、ぜひ参考にして下さい!

・健康診断
健康診断は必ず受けるようにしましょう!もし一匹でも病気を持っている場合、
それが他の猫にうつってしまう危険性は非常に高いです。

 

健康診断で、寄生虫や伝染病にかかってないかを確認し、
もし感染しているようなら隔離しましょう。

そして、医師の許可が出てから対面させるようにしてくださいね。

健康面については、1匹だけの時よりも
気を使ってあげる必要がありますね!

 

・雄・雌どの組み合わせでも必ず去勢を!
未去勢の場合は縄張り意識が強いため、
雄でも雌でもシーズン中は突然大ゲンカになったりします。
 
その結果、医療費がかさんでしまったり、
部屋の中がぐちゃぐちゃになってしまうなんて事も・・・去勢については賛否両論だと思いますが、
多頭飼いをする場合は子猫気分でいてもらった方が
集団生活が格段に快適に過ごせるようになります。

 

・おしっこやウンチの体調管理
体調管理をする場合、
猫のおしっこやウンチ、嘔吐物等が目安になりますよね。
 
しかし、多頭になると、
どの猫がおしっこをいっぱいしているのか?
嘔吐物はどの猫なのか?
お腹を壊しているのはどの猫なのか?といった、1匹では全然苦労しない事が大変な作業に変わってきます。

 

グールーミングなどのカワイイ仕草が増える反面、
大変な管理が必要になってくるんですね。
 
大変だからといって、
猫の体調管理がおざなりにならないように、
1匹の時よりもさらに気を配るぐらいの気概を持って
飼育してあげて下さい!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は猫の多頭飼いについてまとめました!
猫は本来、集団で暮らす動物ではないので、
住環境や先住猫ちゃんとの相性
(どうしても相性が合わない場合もあります)など、
色々クリアしなくてはいけない問題もあります。

 

そこは、面倒を見る人の数や、
どの様に一緒に暮していくかで変わってくると思いますので、
事前にプランを練って下さいね。

 

我が家の猫達もそうとう老猫になりましたが、
未だに場所にはこだわりがあるらしく
小競り合いが生じたりしています。
 
そこは可愛いがるだけでなく、
いつも注意深く気をつけていてあげなければいけないと思いますね。

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る