猫が水をよく飲むと病気?飲まないと病気?

あれ?最近なんだかよく水をよく飲んでいるみたい。

 
いつもはあんまり減ってない水が最近少ないし、
飲んでいる量も多い!

 
なんだか、ゴハンはいつも通りに食べているのに、
痩せてきたみたい??

 
これって何か病気の兆候?
いつもとちょっと違う・・・

 

SPONSORED LINK

 

大事な猫ちゃんの、いつもと違う行動に気が付いた時、
病気なのでは?と心配になる事もあるかと思います。
 

この、水を多く飲み始めたという行動も、
猫ちゃんの健康管理ではとても大切なバロメーターになります。

 
この水を飲む行為には、
大事な猫ちゃんの健康に関して重大な意味が隠れています。

 
今回は猫が水を沢山飲む場合について調べてみましたよ。
 

猫は一日にどのくらい水を飲むと「多飲」?

cat-mizu01
Original update By:jurvetson

猫は1日に、いったいどの位の水分を飲むのでしょうか?
そして多飲とは、どの位で多いと判断するのでしょうか?

 
私もこの水を多く飲むことについて、
あまり知識がなかったので、
自分の大事な猫ちゃん(現在16歳通院中)の病気に
中々気が付きませんでした。

 
猫ちゃんを動物病院に連れていくと、
先生に「1日に水はどのくらいのみますか?」とよく聞かれます。

 
でも、基準がよくわからないので、
これくらいとは簡単には答えられませんよね。

 
そういう場合は、この計算式が便利です。

体重(㎏)×30+70(mℓ)

これは、猫の体重に対して
1日の適切な水分補給量を導き出すための計算式
になります。

 
この計算式で計算すると、4Kgの猫ちゃんであれば、
約190mlが1日に飲むお水の基準となります。

 
190mlというと、大体牛乳瓶1本分位ですが、
これは1日の水分量であって飲み水の量ではありません。

 
水分は、水の他にペットフード(ドライフードにも)も
水分が含まれています。

 
猫ちゃんの個体差の好みにもよりますが、
1日に飲む水の量が20~45ml/Kgを超えると
多飲が疑われるようです。

 

でも、何ml飲んだかなんて、
いつもあげている水の量を測っていなければわかりませんよね。

 
私の場合ですが、
明らかに今までよりすごく水を飲んでいる姿を見かけたり、
水を入れたトレイが目に見えて減っていました。

 
しかし、元々あまり水を飲まない子だったので、
ずいぶん喉が乾いているんだな~
くらいにしか思っていなかったのです。

 
私は、猫が頻繁に水を飲んでいる姿を見かけて
あれ?と思いました。

 
でも中々病気ではと思わず、というか思いたくなく
病院へ連れていくことを先延ばしにしていたかもしれません。

 
大反省です!(。́__ก̀。)

 
ですので、大体でいいと思うので、病院に行った際は

以前より多く飲むようになった、とか
頻繁に水を飲んでいる姿を見るようになった

という表現で伝えるといいでしょう。
 
とにかく、いつもと飲む量が違う感じがすることを
獣医師に話すことが大切ですね。
 

猫が水をよく飲む!これって病気?

自分の大事な猫ちゃんが、いつも水を飲んでいる。
おしっこを沢山している。
 
こんな時は病気を疑ってください。

 
猫が水をよく飲むときは、どんな病気が疑われるのでしょうか?
 
食欲や他の症状にもよりますが、

1.慢性腎不全
慢性腎不全は、腎臓の機能が少しずつ損なわれて
正常に働かなくなってしまう病気です。
6歳以上の老猫に多い病気で、症状が出ている場合はすでに、
腎臓の機能が7割方失われています。
定期的な健診が必要ですね。

 

2.糖尿病
元来猫は肉食動物です。
ペットフードを見ると、野菜とか入っていますよね?
でも、自然界の猫科の動物で
野菜を食べているなんてところは見たことがありません。
それに、魚をあげていますが、
これも日本が魚をよく食べる国なので魚ということみたいです。

と、猫本来は肉食なので、
血糖のコントロールがあまりよくないようです。

それを知らず、飼い主さんが猫に
好きな物ばかりあげてしまうことによって、
人間と同じ糖尿病なんてことになっているようですね。

 

3.甲状腺機能亢進症
この病気になると動きが活発になり、
食欲が増して病気というより
元気と錯覚するような様子がみられます。

また、沢山たべるけれども体重が減ったり、
水をよく飲んで尿の量が増えるといった
症状がみられることがあります。

 

私の場合も、猫が病院嫌いという事と、
いつも元気で病気をしたことがない!
という変な確信のもとに定期的な健診を受けていませんでした。

 
気が付いて、動物病院へ連れて行ったところ、
この3種類の病気の疑いがあるといわれました。
そして、血液検査をした結果、
腎臓が悪くなっていることが分かったのです

 
猫母としては、大反省です。
 
ただ、発見が早かったので、
腎不全で体に毒素が回ってしまうほど悪い状態ではありませんでした。

 
特に老猫は、1の腎臓病と3の甲状腺機能亢進症になる確率が高く
私も含めて正に指摘されている症状がそのまま現れました。
 

やはり、日ごろの観察
あれ?と思ったらすぐに動物病院へ連れていくことが大切ですね、
 
もちろん定期的な健診はもっと大切です!
 

水を多飲する猫、水の量をセーブするべき?

cat-mizu02
Original update by : TeamK

あまりに水を飲んでいる場合、
飼い主さんが飲み水の量をコントロールする必要があるのでしょうか?

 
猫の体の70%は水分からなっています。
血液の主要な成分や、体格部分を作る細胞、
また細胞を代謝するにも水は欠かすことができません。
水分ってとっても重要な役割をはたしていますね(。>ω<。)

 
食欲が無かったり、吐いたり、
水の多飲で尿の量が多かったりすると、当然口から入ったり、
出ていってしまった水分は補給しなくてはいけません。

 
もし、制限してしまうと脱水症状を起こしてしまいます。

 
脱水症状を起こすと・・
毛並みが悪くなったり、
皮膚をつまんでみるとすぐに戻らなくなったり、
もっとひどくなると目がくぼんだりします。

 
毛並みが悪くなるのは、目に見えてわかります。
なんだかパサパサした感じがしました。

 
皮膚をつまんでみるのは、
猫ちゃんの皮膚はよく伸びるのでわかりにくかったです。

 
ただ、こんなことになったら
本当に大急ぎで動物病院へ行くことをお勧めします!!!
 

腎不全を早期発見するためのチェックポイント

猫ちゃんが水を多飲する場合、腎不全になっている恐れがあります。
10歳以上の猫ちゃんはこの発生率が急増するそうです ぇ━(*エコдコ)━!!!

 
では、どうやって早期発見ができるのでしょうか?
次のような症状が見られたら病気を疑ってください。
 

1.食欲不振
いつも食べている量や、好きなゴハンをあげても残してしまう。
私の食いしん坊猫も、餌を残したり
(そんなこといつもはなかったのに??)
ご飯の時間になると、「ちょうだ~い」と足元でスリスリしなくなっていました。

 

2.体重減少
いつも体重を量っているなら、すぐにわかりますが
動物病院に定期健診にいってなければあまりしていませんよね。

抱き上げた時、ズッシリしていたのに
なんだかフワッとしている??
触ると骨にあたるなどが目安です。

 

3.水をよく飲む
ここで紹介したように、頻繁に水を飲んでいる姿を見かけたり、
水の量が目に見えて減っている場合は注意が必要です。

 

4.オシッコの回数が多い
回数もですが、量がとっても多いです。
そのため、トイレの砂のなくなる速度がすごく早くなります。

 

5.老猫
10歳以上になっている。
若い猫ちゃんでも、この病気になることがあります。

 

こんな症状が出ていたら、手遅れにならないうちに、
刻動物病院に連れて行ってあげてください。
 

まとめ

私の場合もこのチェックにピッタリあてはまりました。

病気の場合以外でも、猫ママは大事な猫ちゃんの観察や
健康チェックをまめにすることが大切ですね。

 
それと、定期的な健康診断も重要です!

 
病気になってしまってから、後悔しないためにも、
検診を受けるのは大切だと思いました。

 
口をきけず、飼い主さんが気が付いてくれるのを
猫ちゃんは待っているのですね。

病気

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る