猫草を種から発芽させる育て方とは?長持ち&手入れ要らず!

いつもホームセンターやペットショップで
猫草を買っているけどコストが高い(-_-;

 
かと言って
猫草を切らしてしまうのはかわいそう…
 
自宅で猫草を育てられないかな?

 

SPONSORED LINK

 

市販の猫草は、すぐ枯れてしまったりして
こまめに買うと意外と大変ですよね。

 
ポットの土に気を付けながら持って帰ってきたり、
何より出費がかさむのが主婦として困りもの(><)

 
そこで、お財布に優しい猫草を
種から発芽させて育てる方法
ご紹介します♪
 

猫草の種はどこで購入するのがおすすめ?

nekokusa01
Original update by : 写真AC

今まで生えている猫草しか見たことがないから、
猫草の種がどういう物かがよく分からない。

 
そもそも猫草の種は
どこで買えばいいのでしょうか?(・_・?)

 
猫草とは植物の名前ではありません。

 
実際は、燕麦(エンバク、別名オート麦など)
という植物の事をひっくるめて
「猫草」と呼んでいるのです。

 
この燕麦の種は
ペットショップやホームセンター等で
購入することができるのですが、
1つ注意があります。

 

市販の燕麦の種の場合、
消毒薬などが使われたものがある
んです∑( ̄Д ̄;)

 
燕麦は牛や馬の飼料としても使われ、
牛や馬用に大きく育てて与える頃には
消毒薬が抜けています。

 
しかし、猫が食べる生えたての頃は
まだ消毒薬が残っています

 
毒性の弱い消毒薬ではありますが、
それでもあまりいい気持ちはしませんよね?

 

ちなみに、消毒薬が使われた種は、
赤っぽい色をしているため、
見た目で判断することは可能です。
 

しかし、販売されている時は
パッケージに包まれているため、
中身が確認できない事が多いのです。

 
猫の為にも、
より新鮮で発芽しやすい種を選びたいですよね(⌒∇⌒)
そこで、以下の方法がオススメです。
 

◇猫用か鳥用飼料の殻付き燕麦をネットで探して注文する

鳥用の燕麦の場合、
種をそのまま食べるので
有害な消毒薬が使われている可能性は低いです。

ネットの画像で
種の色が確認できない時は、
問い合わせてみるとより確実です。

 

◇実際に自宅で上手く育てている人から種を譲ってもらう

譲ってもらうだけでなく、
育て方も聞けるので一石二鳥ですね♪

 

では、次に種を植えてから発芽させるまでの
育て方をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

植えてから発芽するまでの育て方とは?

猫草を育てる為に必要なのは、

種・鉢・土の3つです。
 

◇鉢

・植木鉢
 猫1匹に対し、5号サイズの
 底に穴が開いた植木鉢が目安となります。

 複数飼われているなら、プランターでも良いです。
 繰り返し育てる為に、鉢は複数個あった方が便利です。

 ペットボトルだと発芽しにくいようなので、
 オススメしません。

 

◇土

・バーミキュライト
 通気性・保水性・保肥性に優れ、発芽もしやすく
 猫の体にも優しいのでオススメです。

・腐葉土や培養土
 市販の安くて大容量の物でOKです。
 可燃ゴミに出せる物だと尚良いです♪

 土を食べてしまう猫ちゃんだと、
 薬が使われているのでオススメしません。

 

◇鉢・土…猫草栽培キット
種以外の鉢・土はキットで代用しても問題ありません。

 

すべて揃ったら

  1. 鉢に土を入れる
  2. 種をびっしりと蒔く
  3. 種の上に1cm程、うっすらと土を被せる
  4. やりすぎに注意しながらそっと水をやる
  5. 発芽するまでの約1週間は
    室内で乾燥しない程度に水をやる
  6. 発芽したら、夏は室外、冬は室内で育てる
  7. 猫草が7~8cmになったら食べ頃です♪

 
この①~⑦の手順を繰り返します。

 
1度育ててしまえば慣れて簡単になりますし、
コストも抑えられる♪長持ちする♪
その後の手入れ要らず♪
 
メリットがたくさんあるので、
頑張って育ててみて下さいねp(*^-^*)q

 
こうして手順を繰り返して
猫ちゃんが食べ終わったら
また次を育てていく訳ですが
 
育てた猫草は、
いったいどのくらい持つのでしょうか?(・_・?)
 

猫草ってどれくらい持つの?

nekokusa02
Original update by : 写真AC

猫草がどれくらいのあいだ、
持つものなのか気になりますよね?

 
お家の猫ちゃんが食べるペースにもよりますが、
2~3ヶ月、それ以上という声も多いです。

 
市販の猫草だと

早いと3日、持っても一週間程です。

 
自分で育てると、市販のものに比べて、
ずいぶん長持ちしますねo(>▽<)o

 
ただ、猫の消化を助けたり
毛玉を吐かせる作用があるのは
猫草の先端部分のみです。

 
先端部分が無くなったら
次の猫草を育ててあげましょう♪

 
次の猫草を育てていく一方で、
枯れてきた猫草をどうするかもご紹介します♪
 

枯れてしまった猫草の後始末

枯れてしまった猫草は、
根っこごと引っこ抜けば
またすぐ次の種から育てることができます♪

 
土の養分を補う意味で、
土を少し足すと良いです。

 
もし引越し等の理由で
土も一旦処分したい場合は、
可燃性の土ならそのまま燃えるゴミに出します。

 
バーミキュライトは基本、
産業廃棄物扱い
になります。
 
念の為、お住まいの自治体に確認してみて下さい。

 

これで、猫草の育て方のご紹介は
一通り完了となります♪

あとは実践あるのみです!
 

まとめ

いかがでしたか?

 
猫草は、
殻付き燕麦・5号鉢(1匹の場合)・
バーミキュライト
を用意するだけで
育て始めることができます。

 
基本、水のやり過ぎと
気温に注意して育てればOKですので、
割と簡単に育てることができますね^^

 

お家の猫ちゃんにも、
家計を預かる主婦のお財布にも優しいのは
嬉しいですよね(*^-゚)v

 
ぜひ、猫ちゃんの為に
美味しい猫草を作ってあげてみて下さい♪

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る