猫の近くにティッシュは置けない!?豪快な猫の遊びとは?

最近仕事から帰ると猫がいたずらしていて困る(/_<)
 
ティッシュが床中に散らばっていてびっくり!
 
どうやったらこういう悪癖を直せるかな?(・_・?)

 

SPONSORED LINK

 

おうちの猫ちゃんのイタズラが増えてくると、頭が痛いですよね(><)
 
楽しく遊ぶのは良いけど、
ティッシュ1箱空になっていたりと
あまりに豪快でも困ります。

 
また、単なるイタズラでは済まず
事故に発展する場合もあるので、放置するのは危険です。

 
ティッシュを始めとする猫のイタズラをやめさせる為には
きちんとしつけをすることが大切です。
 
今回は、その方法をご紹介します♪
 

猫が行う、ティッシュへのイタズラとは?

CatTissue01Original update by : 写真AC

そもそも、
猫はなぜティッシュにイタズラするのでしょうか?(・_・?)

 
猫のティッシュへのイタズラは、
1枚1枚引き抜き、引きちぎり、吐き出すものです。

 
1箱全部出して散らかして、
今度はトイレのティッシュペーパーまで…
なんてこともありますね。

 
私達からすれば、一見ただの豪快な遊びに見えます。

 
ですが一説によると、この行動は
猫が捕獲した鳥の羽をむしる行為から
来ているようです。

 
単に飼い主の関心を自分に向けたくて
しているように感じる時もありますが(;^_^A

 

ただ、私達人間から見たらイタズラでも
猫はそのつもりでしている訳ではないのです。

 
なので怒らないであげて下さいね(^人^)

 

それを踏まえて、
イタズラをやめさせる具体的な方法についてお話します♪
 

スポンサードリンク

 

猫にイタズラをやめさせるには、どうしたらいい?

猫にイタズラをやめさせるポイントが
いくつかあります。

 
そのポイントを根気強く繰り返すことが大切です。

◇同じパターンで叱る
 
「ダメ!」等と強く低い声で止める。
短い言葉の方が分かりやすくてオススメです。
同居人全員がどれか1つの言葉に統一しましょう。

 

◇現行犯で叱る
後になって叱っても
猫は何について叱られているか分からず
意味がありません。

 

◇感情的に(怒って)叱らない
 
大声を出したり叩いたりする行為は、
イタズラをやめたとしても猫が飼い主を嫌いになります。
 
絶対にしてはいけません!
あくまでも冷静に言い聞かせて下さい。

 

◇一貫して叱る
 
気分で叱ったり叱らなかったりすると、
叱られる理由が理解しにくくお互いの信頼も崩れます。
 
いつでもダメな事はダメ、と徹底しましょう。

 

これらを繰り返すことと、
そもそも猫がイタズラしないように工夫することも必要です。

 
猫がイタズラしそうな物はしまっておきましょう。

 
ティッシュは箱をひっくり返して置いたり、
ティッシュホルダーで届かない場所に取り付けると安心です。

 
猫によって覚えるまでの時間に違いはありますが、
根気強く続ければいつかはイタズラしなくなります。

 
長い同居生活をお互い気持ちよく過ごす為にも、
ここは何とか頑張りましょうp(・∩・)q

 
また、イタズラをやめさせることは
事故の防止にも繋がります。

 
ティッシュはただ散らかって大変、
というだけではないのです(x_x;)
 

誤ってティッシュを飲み込んでしまうことも

CatTissue02Original update by : 写真AC

実は、ティッシュを引き抜いてちぎるうちに、
うっかり飲み込んでしまう猫は多いです。

 
吐き出したり排泄されればいいですが、
最悪の事態になってしまう可能性もあります。

 
体内でひも状になって腸に絡みつき、
開腹手術となってしまうケースだってあるのです(;へ:)

 
おうちの猫ちゃんが
ティッシュを飲み込んでしまったら、
楽観せずにすぐ病院に連れて行きましょう!

 
また、ティッシュ以外にも
輪ゴム・糸くず・ひもやタグ紐・ダンボールなど、
飲み込んでしまいそうな物はしまい、
飲み込む心配がないおもちゃを与えてあげましょう。

 
このように、私達のライフスタイルの中には
猫にとって危険な物事がいっぱいあります。

 
こうした危険からおうちの猫ちゃんを守る為にも、
きちんとしたしつけが必要です。

 
ではどうやってしつけていけばいいのでしょうか?(・_・?)
 

きちんとしたい、猫へのしつけ

いたずらの他にもしつけが必要なものはたくさんあります。

 
トイレ・爪とぎ・噛みぐせ・高いところへのよじ登り・脱走…
たくさんありますね(^▽^;)

 
でもしつけの方法はすべて同じです!

 
正しい行動ができたらごほうびを、
間違った行動を取ったら罰を与える。

これだけです。

 
ごほうびの具体例は

◆なでる
◆ごはん・おやつ
◆遊んであげる

 

 
ちなみに、口で褒めるだけでは猫には伝わりくく
ごほうびにならないのでご注意下さい。

 
おうちの猫ちゃんが喜ぶことをしてあげましょう♪

 
罰の具体例は

◆叱る
 
先程ご紹介した通り同じパターンで、
現行犯で、冷静に、一貫して叱ります。

 

◆サプライズをする
 
手をパンと叩く、霧吹きをかける、
キーボードクリーナーを使う等して
猫をハッと驚かせ中断させます。

 

◆最終手段として軽く鼻ピン・ケージに入れる
叱ったりサプライズをして直らなくても、
猫を叩くような体罰は絶対にしてはいけません。
 
罰というと誤解されがちですが、
あくまでも軽い行動で止めましょう。

 

しつけは、タイミングを逃さず、
ごほうび・罰を与えることを根気よく一貫して続けることが重要です。

 
あとは猫がなるべく間違った行動を取らないように、
工夫をしてあげて下さい♪
 

まとめ

いかがでしたか?
 

  • 猫の豪快な遊びの1つ、ティッシュのイタズラ対策は
    箱をひっくり返すかホルダーを使う。
  • いたずらをしたら、毎回すぐ「ダメ!」と強く低く言う。
  • しつけは、正しかったら喜ぶごほうびをあげる。
    間違っていたら叱るかサプライズをする。

 
とにかくこれを繰り返し根気強く続けることと、
私達が工夫してあげることが大切です。

 
きちんとしつけをして、
おうちの猫ちゃんとの素敵な生活が送れるよう
ぜひ実践してみて下さい♪

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る