夏が来ると犬が体をかゆがる理由は?|質問と獣医師による回答

質問:夏が来ると犬がとてもかゆがります

夏になると、室内で飼っているマルチーズがひどくかゆがって、
あちこち掻いたり足を噛んだりしています。

見た感じ少し皮膚に赤いポツポツができているものの、
それほどひどくはないので様子をみているのですが、
やはりいつも痒そうにしています。

これは何が原因なのでしょうか?
また、病院で診てもらったほうが良いのでしょうか?

 

SPONSORED LINK

 

回答.皮膚病やアレルギー性の皮膚トラブルの可能性があります

dog_kayumi01

Original update by:イラストAC

実際に皮膚の状態をみたり検査をしてみないとなんともいえませんが、
夏になると痒みがでる代表的な皮膚病には

膿皮症や“マラセチア性皮膚炎”、“ノミアレルギー

などがあります。

 

膿皮症とは、主にブドウ球菌と呼ばれる細菌が感染することで起こる皮膚病です。
わきの下やお腹、足の付け根、指の間などによくみられ、
ニキビのような赤いポツポツができて、強い痒みを伴うのが特徴です。

 

マラセチア性皮膚炎
マラセチアという真菌が感染することで起こる皮膚病です。
この皮膚炎は膿皮症と異なり、皮膚がベタベタと脂っぽくなったり、
独特な臭いを発するのがその特徴です。

これら二つの病気は高温多湿の夏場によくみられることで有名ですが、
皮膚の検査をしてみたら両方に感染していた、
なんてこともあるので、症状だけでは判断できないこともあります。

スポンサードリンク

一方ノミは1年中生息しているものの、
梅雨の時期から夏にかけて大量に発生します。

ノミは犬に寄生すると吸血をし、その際にノミの唾液成分が
犬の体内に入るとアレルギー反応を起こします。

ノミアレルギーになると、激しいかゆみや湿疹などを伴う皮膚炎がみられます。
偶然体にノミが寄生しているところを発見できればいいですが、
動きが早く大きさもかなり小さいため、慣れていないと発見が難しいかもしれません。

ノミ取り櫛のような目の細かいコームで毛をすいて、
黒い小さな粒があったら濡れティッシュの上に置いてみましょう。

ただの埃や汚れなら何も変化は起きませんが、もしその粒が解けて赤茶色になったら
それはノミがいる証拠です(ちなみに黒い粒はノミの糞です)。

その他にもノミは人間にもうつるので、
「そういえば最近自分も痒みがひどいなぁ・・・」なんてこともありますし、
他のお腹の虫を媒介してしまうこともあるので
嘔吐や下痢をしていたり、排泄物と一緒に虫がでてくることもあります。

 

まとめ

いずれの病気であったとしても、
犬にとって“痒み”は大きなストレスの素になります。

また、膿皮症やマラセチア性皮膚炎は慢性化しやすく、
再発のしやすい非常に厄介な病気です。

ひどくなってからでは治療が長引き、お互いにストレスが増えてしまいます。

素人目で判断せず、まずは動物病院を受診して
痒みの原因を調べてもらうことをおすすめします。

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る