犬の花粉症の症状と対策はコレ!お散歩時は要注意!

寒くなってくると暖かい春が恋しくなりますよね。
でも春といえば気になるのが花粉症
鼻がムズムズしてくしゃみ・鼻水が出たり目が痒くなったりといった症状に毎年毎年悩まされる方も多いのでは。

 

では、犬も花粉症になるのでしょうか?答えは「イエス」です。
しかし、犬の花粉症は私たち人間の花粉症と全く同じというわけではありません

 

SPONSORED LINK

 

そこで今回は犬の花粉症についてご紹介したいと思います!

 

犬の花粉症の症状はコレ

 

犬の花粉症の症状は、鼻がムズムズしてくしゃみ・鼻水が出たり目が痒くなったりすることは少なく、主に皮膚炎として現れます
特に脇の下やお腹、口周り、目の周り、耳などの皮膚が薄い部分に痒みや発赤などが現れ、痒みから掻きむしってしまい、脱毛してしまうこともあります。

 

また、これらの症状に季節性があるというのも花粉症の特徴です。
人間と全く違うので、花粉症と気づかない飼い主様も多いようです。汗
ワンちゃんに発赤がないか確認してみて下さい(><   チワワ9

 

大丈夫でしたか?

 

もし発赤があって花粉症の可能性がある場合は花粉症の対策と治療法を紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

 

スポンサードリンク

 

犬の花粉症の対策と治療法はコレ!

 

犬の花粉症は、いわゆる花粉をアレルゲンとするアレルギー性の皮膚炎ですので、主にアレルギーの治療を行います。
最もよく行われるのが薬物療法で、主に「ステロイド剤」を用いた治療を行います。
人では「抗ヒスタミン剤」というお薬をよく使いますが、犬ではあまり効果が認められません。

 

ただこのステロイドにはメリットデメリットがあります!
ご紹介しますのでしっかりと理解を深めて下さいね!

 

○ ステロイドのメリット

ステロイドはなんといっても早く効いてよく効くというのが最大のメリットです。
花粉症による皮膚炎は痒みを伴うため、犬にも飼い主さんにも大きなストレスがかかりますが、強力な抗炎症作用があるため、痒みに対しても絶大な効果を発揮します。

 

○ ステロイドのデメリット

短期間の使用により多飲多尿や食欲増進が起こりますが、あまり心配する必要はありません。
また、胃腸障害、感染症などが起こることもあります。
長期的に使用すると肝障害や糖尿病、医原性クッシング症候群、胃・十二指腸潰瘍などの重い副作用が生じることがあります。

 

ただし、実際使用する時は副作用が出ないよう様子を見ながら用量をコントロールしながら使用します。
また、花粉症の場合は季節性があるため短期的な使用で済むことが多いため、過度に心配する必要はありません。

 

○ 注意

ステロイドの投薬を急に止めると、アゾシン病という病気にかかり命を落とす可能性があります。

 

投薬を中止する場合は医師と相談し、徐々に量を減らして行くようにしましょう!

 

また、「減感作療法」という、徐々にアレルゲンに慣れさせ、アレルギーが起こりにくい体質にするという治療を行うこともあります。
ただしこの治療法は費用と時間がかかるので、どの治療法を選ぶかについては獣医さんとよく相談した方がいいですね!

 

チワワ10

 

また、花粉症対策の基本はお散歩にあります。
そもそもお散歩を控えられれば一番良いのですが、お散歩に行く場合、なるべく草むらの中に入らないようにしましょう。
草むらの中には犬の花粉症の原因であるブタクサやイネ科植物が多く存在するためです。

 

そして、お散歩から帰ってきたら体についた花粉を落としてあげましょう。
シャンプーが一番効果的ですが、頻回のシャンプーは逆に皮膚に刺激が強すぎることもあるので、濡れタオルで体をキレイに拭いてあげるだけでも効果があります。また、洋服を着てのお散歩も直接皮膚に花粉が付かないので効果的ですよ♪

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

今回は、犬の花粉症の症状と対策についてまとめてきました。

 

犬の花粉症は人と症状が異なるため、正しい知識を持っていないと見過ごされてしまうこともあります。
また、体や顔を痒がっている場合には花粉症以外にも何かアレルギー等を引き起こしている可能性もあります。

 

痒みは犬にとってかなり大きなストレスになり、また、皮膚の症状は慢性化すると治療が長引くこともあるので、しつこく掻くようなら早めに動物病院を受診しましょう。

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る