人間とも似ている猫のストレス行動とは?猫のストレス解消法はこれ!

ストレス解消用におもちゃや寝床を与えてはるけど、
 
あまり上手にストレス発散できていないみたい・・・
 

SPONSORED LINK

 
仕事で猫1人に留守番させていると、
飼い猫にストレスが溜まっていないか不安ですよね(><)
 
大事な猫ちゃんにストレスがないか知りたいし、
もしあるなら解決してあげたいですよね。
 
猫のストレスの有無は行動で判断でき、
その解消法ももちろんあるのでご安心下さいv(*’-^*)
 
そこで今回は、そんな猫のストレス行動や解消法をご紹介します♪
 

猫と人間、ストレスの類似点とは?

cat_sutoresu01Original update by : 写真AC

一見いつものんびりしている猫ですが、
実はデリケートな性質の為ストレスを抱えやすいです。
 
その猫のストレスには、
人間のストレスと類似点があるのでしょうか?(・_・?)
 
結論から言うと、
猫と人間のストレスには以下のような類似点があります!

  • ストレスになる環境や行動があり、それによってストレスが溜まる
  • ストレスが溜まると行動に変化が現れ、ストレスを解消する必要がある
  • 解消しないと、最悪ストレスを一因とした病気になる可能性がある

 
おうちの猫ちゃんがストレスを抱えて、
最悪病気になるなんて絶対に嫌ですよね(/_<。)
 
そうならない為にも、まずはおうちの猫ちゃんに
ストレスがあるかを確認してみましょう!

 

スポンサードリンク

 

以下の行動が出た時は猫がストレスを抱えているサイン

猫はストレスが溜まると、ストレスのサインとして
いわゆる‘ストレス行動’が出るようになります。
 
最近妙に冷たく感じる猫ちゃんの態度が、
ストレス行動なのかどうかが気になりますね(・・;)

 
初期のストレス行動の例を挙げますので、
あてはまるものがないか確認してみて下さい。

  • 好きなおもちゃで遊ばなくなる
  • 毛づくろいの回数が極端に減ったり増えたりする
  • 歩いたりジャンプしたりしなくなる
  • 家の隅に隠れるようになる
  • 飼い主に対しても威嚇をしてくる
  • 鳴き声を発さなくなる
  • 急に粗相をするようになる
  • よく下痢や便秘になる
  • 食事をとらなくなる

 
この中に飼い猫の態度にあてはまるものがある場合は、
ストレスを溜めていることになります。
 

このストレス行動を早く止めてあげないといけないですねp(・∩・)q
 

では、どうしたらストレス行動を止めることができるのでしょうか?(・_・?)
 

猫のストレス行動を止める方法は?

cat_sutoresu02Original update by : 写真AC

猫のストレス行動を止めるには、
ストレスを解消する必要があります。
 
その為のおもちゃや猫ちゃん用の寝床を与える行為も、
ストレス解消法の1つです。

 

でも、猫ちゃんがストレスを感じる原因はいくつもあるので
それだけで解消するとは限りません。
 

つまり、猫ちゃんにあてはまるストレスの原因を
すべて解消してあげることが大事
なんです!
 

ストレスを感じる原因を挙げていきますので、
あてはまる場合はその解消法も実践されてみて下さい♪
 

○しつこく触りすぎている
⇒猫がスキンシップを求めない時はなるべく控える。
嫌がったらすぐやめる。

 

○大きな音がしている
⇒屋外の騒音なら窓を閉める。
家電の音も気になるようなら寝る部屋には置かない。
大声を出さない。

 

○多頭飼いをしている
⇒同じ猫でも他の動物でも相性が悪ければスペースをきちんと分ける。

 

○えさや水が足りない
⇒年齢・体重の適量をあげる。
自動給餌器を使い、あげ忘れを防ぐ。
水は常に補充する。またたびをあげる。

 

○引越し等で環境が変化した
⇒猫のお気に入りのベッドや毛布をそのまま使う。
隠れたり1人になれる場所を確保する。
頻繁に室内の家具配置替えをしない。

 

○1人になれる場所や寝場所がない
⇒押入れを入れるように開けておく。
ベッドやソファは下に隙間があるものを選ぶ。
ダンボールを置く。

 

○トイレが汚れている
⇒こまめに掃除する。
複数いるなら人数分トイレを用意する。

 

○あまり遊んであげていない・スキンシップが足りない
⇒1日10分は遊んであげ、頭を撫でたり話しかける。
爪とぎやキャットタワーを用意する。

 

○来客が多い
⇒来客を猫がいる部屋に通さない。
来客と大声で話さない。外で会うようにする。

 

○アロマや香水、柑橘系等の香りが強いものの匂いがしている
⇒なるべく無香料のものを使う。
アロマオイルはNG!フルーツは長時間部屋に放置しない。

 

○飼い主が叩いたり大声で叱ったりしている
⇒冷静にその場で「ダメ!」と言い聞かせる。

 

どの解消法も、猫ちゃんとお互いが気持ちよく暮らす為に
大事なことなのでぜひ試して下さいね(*^-^)

 
これらの解消法を行うことで、
きっとおうちの猫ちゃんの態度も元通りになりますよ♪
 
ただ、人間の場合一旦止まっても
1度感じたストレスをまた感じることは多いですよね。
 

最後に、この一旦止まった猫のストレス行動が
再発する可能性についてお話します。
 

ストレス解消後に再発する可能性はある?

端的に言えば、猫のストレス再発の可能性はあります。
 
先程の猫がストレスを感じる原因を見ると、
環境によるものが多いことが分かります。

 

また、猫はデリケートでストレスを抱えやすい性質です。

 
飼い主が気を付けていても近所で工事が始まったり
親戚が頻繁に来るようになったりと環境が変わったり、
 
環境は同じでも猫が同居の猫と仲が悪くなったりして
ストレスになる可能性もあります。
 

なので、
解消法を継続しつつ、またストレス行動をしていないか
気を付けて見てあげることが大事です!
 

長い目で、猫ちゃんと猫ちゃんを取り巻く環境を
見守ってあげて下さいね♪
 

まとめ

いかがでしたか?
 

猫のストレス行動は、
主に今までしていた行動をしなくなり
大人しくなる傾向があります。
 

ストレス解消法は、
飼い猫が今置かれている環境を改善することでした。
 

また、ストレスは再発する可能性があるので
飼い猫にとって快適な環境を維持し
 
飼い猫がストレス行動をとっていないか
気を付けてみる必要があります。
 

飼い猫のストレスがなくなれば、
今まで以上にお互い癒され合う関係になれるので
ぜひ実践して下さいね♪

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る