猫の病院にかかる初期費用の相場はいくら?猫の病院探し方法は?

新社会人でお給料は生活費だけで精一杯だけど、
初めて飼い猫を獣医に診せにいくことに(><)

初診費用や通院する際の費用って
一体どれくらいかかるの?(・_・?)

 

SPONSORED LINK

 

動物病院に連れていくとなると、
費用が高すぎないか不安だし気になりますよね。

猫の初診費用の相場がいくらぐらいか、
費用的にも良いかかりつけの病院はどう探したらいいか、
猫を飼う上ではやはり知っておいた方がいい情報になります。

今回はこれらの猫の動物病院に関するトピックについて
調べてみましたので、ぜひ参考にして下さいね♪

 

気になる猫の初診費用の相場は?

 cat373-01

Original update by : 写真AC

 

人間も初診の場合は初診料が加わり通常よりも高くなりがちです。
やはり、動物病院における猫の初診料の相場については、
知っておきたいものですよね(;^_^A

気になる猫の初診費用の相場は一体いくらぐらいなのでしょうか?(・_・?)

 

猫の初診料の相場は、1,191円になります。

初めて病院にかかった際に支払うのは、
これに検査・注射・薬代等などの加わった金額になります!

猫の初診費用には、上記の様に初診料の他に状況に応じて
検査費用・処置費用(注射・薬剤投与・薬剤処方…)、
場合によってはワクチン接種や不妊手術等が加わることもあります。

 

日本獣医師会の小動物診療料金の実態調査結果によると、
各費用の相場は以下のようになります。

 

◇初診料 1,191円

◇検査費用(一般的な血液検査) 1,796円

◇処置費用  注射 1,249円
投薬 経口191円/点眼177円/点耳327円
調剤 内用301円/外用209円 ※薬剤料は別途

◇ワクチン接種 1種3,917円/2種以上(混合)8,185円

◇不妊手術 去勢15,379円/避妊24,176円 ※犬の場合

 

この相場を見ると初診費用は初診料の1,191円+αということになります。

しかし、初診費用の他にどの費用がどれくらいかかるかは、
実際に診せてみないと分かりません。

しかも、相場は各費用とも幅広い料金帯があり
病院によってかなりばらつきがある中から算出されています。

 

これを踏まえて、相場はあくまで参考程度と考えてその病院のHPを見るか、
電話で初診料を確認して、プラス余裕を持った金額を準備することをオススメします(*’-‘)ゞ

 

とは言え、病院によってばらつきがあるなら
その費用が少しでも安い病院を選びたいものですよね。

では、安い費用という基準で病院を選んでもいいのでしょうか?(・_・?)

 

スポンサードリンク

 

安い費用の病院を選んでもいい?

今後なにかとお金がかかるだろうし、できれば費用重視で選びたいけれど、
安い費用の病院を選んでもいいものなのでしょうか?

実際のところ、診療代が高額だからいい病院だとも言えませんし、
安いからと言ってちゃんと診てくれないかというと、決してそういうわけでもありません。

とはいえ、飼い主としては、飼い猫の為にも良い病院であって欲しいと願うものです。
でも、どう選べばよいのでしょうか?

 

診療費用が安い病院を選んでもいいですが、
近さや獣医の人柄、院内環境も考慮して選ぶことが大切です。

 

では、猫の飼い主が動物病院を選ぶ基準をいくつか挙げます。

猫にとって慣れない移動はストレスになります。
できれば近場の病院を選んであげたほうが、移動時間も少なく済みますし、
何かあった時はすぐに相談ができます。

また説明が丁寧で親身になってくれるなど、信頼できる獣医がいたり、
院内が清潔であることも大きなポイントになってくるでしょう。

ペット用の保険があっても人間に比べ費用がかかる為、
良心的な価格だとこまめに連れていきやすいです。

加えて、もし選択肢に入れられるのであれば、
病院の新しさや、医療設備の充実度も視野に入れておくとよいですね。

 

こうして見ると、病院との距離や獣医や院内環境の良さ、
そして安さが病院選びの決め手
になることが分かりますね(*^-^)

これらの要素を兼ね備えた病院が、長く付き合える病院と言えます。
では次に、このような長く付き合える猫の病院の探し方をご紹介します♪

 

費用的にも長く付き合える猫の病院探し

cat373-02

Original update by : 写真AC

 

猫にとっても飼い主のお財布事情にとっても、
長くお付き合いができるかかりつけの病院を見つけておきたいものです。

まずは、上記のポイントからある程度目星をつけて、
ワクチン接種などのタイミングで、電話問い合わせをしてみることです。

その際の対応やかかる費用などを見て判断し、
最終的には実際に足を運んで獣医の対応で決めるとよいでしょう。

病気になってしまった時に慌てて足を運ぶのでは、落ち着いて病院の様子を見ることができなかったりと、相談に乗ってもらった師がしにくいもの。できれば、そういう時以外で冷静に判断できる時が良いですね。

 

とはいえ、実際に病気になった時でなければ
獣医師の診断の違いなどは判断がつかない場合もあります。

信頼できる医師かどうかは相性もあるので、
診察を受けて違和感を感じた時は、他の病院も当ってみるとよいでしょう。

ただし、この場合は余計に費用が掛かってしまいますので、
可能な限り早めに「かかりつけの病院」を決めてしまったほうが、
長いお付き合いができるようになります。

 

一年に何回くらい病院へ連れていくべき?

動物病院でかかる費用は安くはないので、
病院に連れていく頻度が分かればやりくりしやすいですよね。

とはいえ、病気にならなければ
そうそう病院にお世話になる事もないのでは?とも思われるかもしれませんよね。

では、一年に何回くらい動物病院へ連れていくべきなのでしょうか?(・_・?)

 

しいて言えば、病気の予防も兼ねて
一年に4回以上は、病院へ連れて行くのが望ましいです。

実は、飼い猫を動物病院に連れていく平均的回数は年間3回に満たないと言われています。
その理由は、動物病院を「治療してもらう場所」と考える飼い主が多いからです。

ですが、病気になってしまってからでは
医療費はさらに高くなるし飼い猫の為にもなりません。

 

動物病院を「病気や怪我の予防の為に通う場所
と考えていくことが大切になります。

猫は人間より年をとるスピードが速く、
人間の1年は猫にとっては約5年になります∑(゚Д゚)

人間の定期健診が年1回あることを考えても、
猫なら少なくとも年4回以上は連れていく必要があります。

季節が変わる度に連れていくようにすると、
体調変化がしやすい時期でも未然に防げるのでオススメです♪

 

もちろん、猫ちゃんの年齢によっても適切な回数というのは異なります。
これこそ、かかりつけの病院としっかり相談をして
定期的に健康状態を見てもらうことが良いですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

猫の初診費用の相場は、1,191円と決して安い金額ではありません。

安い費用の病院を選んでもいいですが、
安さだけを重視せずに総合的に判断して選ぶことが大切です。

 

病院と長く付き合うためにも、
大きな病気にかかる前にある程度決めておいた方が安心です。
その際は、日頃の健康診断も視野に入れて選ぶとよいですね。

費用の事ももちろん大切ではありますが、何より大事な猫ちゃんの為に、
安心して任せられる病院を選んであげられるとよいですね。

 

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る