Q&A:うんちを食べてしまう犬、原因や対処法は?|質問と獣医師による回答

自分自身が排泄したうんちを食べてしまうというのは、
人間には理解ができない行動ですよね。

犬がうんちを食べるのには何か理由があるのでしょうか?
またこの行動は、やめさせることができるのでしょうか?

獣医師の回答をご覧ください。

 

質問:メスのチワワが排泄したうんちを食べてしまいます

3歳になるチワワの雌犬を飼っているのですが、
目を離したすきに自分が排泄したうんちを食べてしまう事があり困っています。

どうしてこのようにうんちを食べてしまったりするのでしょうか?

またやめさせるにはどうすればよいのでしょうか?

 

Original update by : SandraHintzman

 

 

回答:これは食糞という犬の本能による自然な行為になります

自分が排泄したうんちを食べてしまう行為を「食糞」といいますが、
実はこれは犬にとっては自然な行為です。

というのも、野生では排泄物の臭いから敵に居場所がわかってしまうため、
母犬が子犬のうんちを食べ、自分たちの身を守っていました。

 

子犬が食糞をする場合については、人間の子供と同じように好奇心から興味があるものを口に入れてしまうという説と、母犬の行動を真似して食糞をするという説があります。

いずれにせよ、これらの理由による食糞は、犬にとっては自然な行為なので食糞する必要性がないとわかれば自然に止めることなので、放っておいても大きな問題はないでしょう。

 

しかし、子犬ではなく成犬が食糞をしている場合には他の原因が考えられます。

たとえば、

  • 散歩が休みがちになってしまっている
  • 飼い主さんにかまってもらいたい
  • 暇つぶし
  • 空腹を満たすため
  • 消化不良で糞からフードのにおいがする
  • 不足している栄養分(特にミネラル)を補うため

 

など、さまざまな原因が考えられています。

 

さて、この食糞ですが原因が分かったとしても
そのまま放置することはできない問題ですよね・・

このような行動をやめさせることはできるのでしょうか?

 

 

うんちを食べるのをやめさせる方法は?

食糞をやめさせる方法は何が原因で食糞をしてしまっているかによって変わります。

それぞれ、下記のような対応策で様子を見るようにしてください。

 

散歩が休みがちになっている

一日5分でもいいので散歩に行くようにしましょう。
できるだけ、ストレスを残さないようにしてあげる事が大切です。

 

飼い主さんにかまってもらいたい

時間をみつけて一緒に過ごしたり意識して遊んだり話しかけてあげましょう。

何かをしながら声をかけたり目を向けてあげるだけでも良いでしょう。

 

暇つぶし

留守中には退屈しないようおもちゃを与えたり、
一緒にいられる時は意識して声掛けをしたり遊んであげましょう。

 

空腹を満たすため

フードの量が適切かどうか今一度確認してみましょう。

また、少量を小分けにして与えたり、
野菜など低カロリーな食材をトッピングして量増しするのも良いでしょう。

 

消化不良で糞からフードのにおいがする

うんちから美味しい匂いをさせないために、
フードを消化しやすい種類のものに変えてみましょう。

また、食糞防止のためのシロップやサプリメントなども販売されています。
フードに混ぜて与えるだけですので、試してみるのもいいでしょう。

 

不足している栄養分(特にミネラル)を補うため

フードを栄養価の高いものに変えてみましょう。
出来れば消化吸収の良いフードの方が食糞が防げるかと思います。

 

 

また、食糞している姿を見つけて、声を出して驚いたり怒ったりしたことはありませんか?

実はこの場合、当の本人は怒られていると思わず、
「かまってもらえた!嬉しい!!」と感じてしまうことが多々あります。

こうならないよう、食糞している姿を見かけた時や、排泄物を見かけたときは声を出さず黙って犬を別の部屋に連れて行き、排泄物の処理をするようにしましょう。

犬は何より大好きな飼い主さんに無視をされることが大嫌いなので、かなり効果が期待できると思います。

 

それでも食糞が治らないときは動物病院に相談してみましょう。

お腹の虫など何か病気が隠れていることもあります。
また、食糞防止用のサプリメントもあるので、ぜひ頼ってみてください。

 

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る