犬がスキップするような歩き方をするのは病気なの?

うちの子最近お散歩中にスキップするんだけどどうしてかしら?

楽しいからじゃないわよね?

と先日近所の友達から相談を受けました(*_*)

 

SPONSORED LINK

 

スキップと聞くと楽しいから?とついつい連想しがちですが、犬の場合は残念ながらそうではないようです(;O;)

スキップに隠されたものは何なのか・・・!

その秘密に迫っていきたいと思います☆

では早速みていきましょう♪

 

犬がスキップするような歩き方になったのは病気なの?

Original update by : Emery Way

 

私たちも意識しなければスキップをすることはありませんが、犬も普通はスキップをしません(;O;)

つまり、スキップするような歩き方になった場合は何かしら病気にかかっている、と考えるのが妥当です(>_<)

 

では、どんな病気が考えられるのでしょうか?

 

犬の歩き方がおかしい時に考えられる原因は?

犬がスキップをするとなると、まず最初に思い浮かぶものは「膝蓋骨脱臼(パテラ)」と呼ばれる病気です。

この病気は、膝蓋骨という私たちでいう膝のお皿のようなものが正常な位置から外れてしまうというものです。

小型犬に多くみられ、そのほとんどは生まれつき膝の関節に何らかの異常があるために起こります。

症状は、軽度の場合は膝蓋骨が外れても自然に元の位置に戻るため、素人目ではなかなか判断がつかないほど特にこれといった症状はありません。

しかし、重度になると膝蓋骨が外れっぱなしになってしまい、痛みが出たり歩行の仕方に変化がみられるようになります。

ただ痛みはないことも決して稀ではなく、「なんだか最近歩き方がおかしくなったなぁ」と思ったら実は膝蓋骨脱臼だった、なんてこともあります。

 

また、その他にもよくある事例として、散歩中いきなり“キャン”と鳴きしばらく歩き方が変だったもののいつのまにかいつも通りに戻っていた、というものがあります。

これは膝蓋骨が外れ痛みが生じ声が出てしまったがいつのまにか膝蓋骨が元の位置に戻った、と考えられます。

 

実は膝蓋骨脱臼以外でも歩き方がおかしくなる病気はいくつかあり、骨折や怪我、先天性の骨の異常、脳や神経の病気、腫瘍などでもみられることがあります。

ただし、病気によって歩き方に違いがあったり、ほかの症状を伴ったりするため、なかなか歩き方だけで判断することはできません(^_^.)

 

では、どのような場合に病院に連れていけば良いのでしょうか。

 

病院に連れて行くか否かの目安となるポイント

Original update by : Tony Alter

 

さまざまな可能性があるので「この症状が出たら病院へ」という線引きは非常に難しいですが、やはり健康であれば歩き方に異常が出ることはないと思うので、歩き方がいつもと違うなぁと思った段階で病院へ連れて行く方が良いでしょう。

早めに病院へ連れていくことにより、治療期間が短くなったり症状がひどくなるのを防ぐことができるので、やはり早期発見・早期治療が大切です(^^)

どの病気もそうですが、異常に気付いたら悩まずにまずは病院を受診してみましょう!

もし病院へ連れていくべきかどうか悩んでしまうような場合は、まず病院に電話で相談してみると獣医師が判断してくれるのでおすすめです☆

 

まとめ

いかがでしたか?

人間だとスキップ=楽しいと連想しがちですが、犬の場合は病気だと捉えなければならないのですね(*_*)

犬のSOSにいち早く気付いてあげるのも飼い主の責任です。

これからはお散歩の時にちょっと意識してみると病気の早期発見につながるかもしれないですね☆

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る