なぜ獣医師は市販のキャットフードをおすすめしないのか?

このような症状はありませんか?

  • 尿路疾患や腎臓病にかかった
  • 軟便や下痢、うんちが臭い
  • 目ヤニや涙やけができている
  • 毛並みが悪くべたついている
  • 食欲不振でご飯を食べてくれない
  • いつまでも、愛猫が健康でいられるために、
    もう一度、真剣に考えてみませんか?
    愛猫の”安全”ということを・・・

    市販のキャットフードは安全なのでしょうか?

    コレ、なんだと思いますか?

  • 道路で車に轢かれて死んだ動物の肉
  • 抗生物質を過剰摂取して死んだ牧場の畜肉
  • 安楽死したペットたち死骸
  • レストランの廃棄物や古い油
  • レストランやスーパーで余った廃棄肉
  • 鳥の羽や口ばし
  • 実は、キャットフードの原材料の一部・・・

    これらの肉を4Dミートと言い、比較的安い値段でスーパーやホームセンターで売られているキャットフードの中には、このような原材料が含まれています。

    4Dミートとは
    •DEAD … 死亡した動物の肉
    •DISEASED … 病気だった動物の肉
    •DYING … 死にかけだった動物の肉
    •DISABLED … 障害のあった動物の肉
    頭文字のDをとって4Dミートと呼び、食品には適してない肉のことを指します。
    言うまでもなく、このような肉は愛猫の健康に悪影響を及ぼします。

    この事実を知らずに、私たちが食べれれないようなものを愛猫に普段与えてしまっている方も多いのです。

    また、「大手のキャットフードだから大丈夫!」「手作りだから大丈夫!」と油断をしてしまうのも危険です。

    大手であっても「○○ミート」や「肉副産物」という表記があると使用されている可能性があります。また、猫は器官が弱く人間よりも繊細なので、栄養バランスを考えずに餌を与えると尿路疾患や腎臓病などにかかってしまいます。

    さらに、市販のキャットフードには化粧品の酸化防止剤として利用されている添加物や、毒性が強い為日本では禁止されているエトキシン(ベトナム戦争の枯葉剤の原料としても使用)が防腐剤として使用されているものもあります。

    最近は免疫バランスの乱れやアレルギーが原因で病気にかかる猫が増えているのも食生活が原因のひとつ。

    猫も人間と同じでそれぞれ体質が違うので、キャットフードが合わないとアレルギーが出てしまうのです。

    img_569841f8d45ee

    キャットフードが原因でかかる病気とは?

    病気の症状は各記事で詳しく紹介しているので、ここでは分かりやすいようにポイントをまとめています

    尿路疾患や腎臓病などの原因と対策を簡潔にまとめると?

    尿路疾患や腎臓病などの原因としては、
    ・ミネラルの過剰摂取
    ・マグネシウムの過剰摂取
    ・カルシウムの過剰摂取
    ・代謝異常

    市販のキャットフードは、ミネラルやマグネシウム、カルシウムが過剰に含まれているものも多く、尿路疾患や腎臓病の原因となります。
    尿路疾患や腎臓病の対策としては、栄養バランスのとれた食生活を心がける事です。
    また、添加物によっても猫自身の代謝低下に繋がるので、無添加のキャットフードをおすすめします。

    目ヤニや涙やけの原因と対策を簡単にまとめると?

    目ヤニや涙やけの原因としては、
    ・まつげなどにより角膜が傷ついた
    ・花粉症や食物アレルギーによる炎症
    ・水分不足などで涙腺にゴミがつまっている
    ・添加物やタンパク質が涙腺につまっている

    猫は水分をあまりとらない動物です。
    その為、尿路結石同様に、不純物が涙腺に詰まりやすくなります。
    飼い主が、普段から添加物などを多く含まない食生活となるように注意をしてあげる必要があります。

    毛並みが悪くベタつく時の原因と対策を簡潔にまとめると?

    毛並みやベタつきの原因としては、
    ・老化
    ・過剰な脂質成分の摂取
    ・食事が体質に合っていない
    ・ホルモン機能低下による甲状腺機能低下
    ・腎不全

    老化や腎不全の他に、栄養バランスの乱れによって油分が不足したり、皮脂が詰まって毛並みが悪くなります。
    ホルモンバランスの取れる食生活を心がける事が必要です。

    軟便や下痢、便が臭いなどの便意に関するトラブルの原因と対策を簡潔にまとめると?

    軟便や下痢、臭いの原因としては、
    ・ストレスによる免疫力低下
    ・穀物や食事が合っていない事による消化不良
    ・内臓疾患などの病気

    猫は肉食動物であり、穀物を多く食べたときなどは消化不良でウンチが臭くなりやすくなります。また、栄養バランスの乱れや体質に合わない食事によって、軟便や下痢になりやすくなるので、体質に合った食事を選ぶ事が大切です。

    食欲不振の原因と対策

    食欲不振の原因としては、
    ・キャットフードに飽きた
    ・季節的な問題
    ・加齢
    ・鼻つまり

    鼻が詰まって味がしない場合や、夏バテなどの季節的な問題で食欲不振になる事もあります。また今までのエサに飽きてしまう場合もあるので、新しいエサと今までのエサを準備して、どちらが食いつきが良いのか試してみるのも一つの手です。

    また、愛猫が肥満体質になったり、逆にやせ細ったりするのも猫の体質や運動量にキャットフードが合っていない為だと考えられます。


    この他にもキャットフードが原因でかかる病気は多くあり、フードを見直す事で体調が良くなって元気になるケースも多くあります。

    毎日食べるものだからこそ、与えるキャットフードは慎重に選んでください。

    image2

    獣医師がおすすめするキャットフードの選び方

    キャットフードにも色々な種類があるため、「原材料や食いつきなどを考えると、どれが一番良いのか分かりません・・・」という相談も良く受けます。

    そこで、まずはキャットフードを選ぶ際の注意点をご紹介いたします。

    1.マグネシウム値が0.09%を超えていない事

    猫は泌尿器系の器官が弱くF.L.U.T.D(猫の株尿路疾患)にかかり易い動物です。疾患の原因はマグネシウムやカルシウムであるため、過剰摂取を防ぎミネラルのバランスを調節してあげる事が重要です。

    成猫期の猫はpH値が6.6以上でマグネシウム由来のストルバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)が、高齢期猫はpH値が6.0以下でカルシウム由来のシュウ酸カルシウムが結晶化しやすくなります。

    尿路疾患は特にマグネシウムの多い食事によってかかりやすくなるため、マグネシウム値が0.09%を超えていない事をひとつの目安としてみてください。

    2.原材料に「家禽(かきん)ミート」などの記載がない事

    家禽ミートやミートミールなどは、いわゆる4Dミートで死んだ動物や私たちが食べられない家畜の内臓、糞尿、さらには鳥の羽やくちばしなどが原材料として利用されています。

    腎臓病などの疾患の原因ともなるので、愛猫の健康の為にもおすすめができません。

    3.危険な添加物が使用されていない事

    キャットフードの添加物に含まれている「エトキシン」や「BHD(ブチルヒドロキシアニソール)」、「BHT(ジブチルヒドロエキシトルエン)」は注意が必要です。

    エトキシン:毒性が強い為日本では使用が禁止されている防腐剤ですが、表示義務がないので注意が必要です。
          ラベルにエトキシンを使用していない旨の記載があるか確認を行いましょう。
    BHD/BHT:発ガン性物質であり使用に注意が必要です。

    賞味期限が長いキャットフードにはこれらの添加物が含まれている可能性が高いので要注意です。

    4.穀物が使用されていない事

    猫はもともと肉食であるため、穀物の消化能力が低く体質的にも合いません。

    キャットフードに穀物が含まれている理由は、肉類の配合を減らす事で原材料のコストが削減出来るためと言われています。

    ボリュームはあるように見えますが、お腹に溜まりやすい為、排泄物の症状を引き起こしやすく、過剰摂取によっては内蔵や皮膚の重い病気に繋がる恐れがあります。

    原材料表記で「小麦粉」や「焼きトウモロコシ」などの記載があるものは要注意です。

    5.半生タイプのキャットフードでない事

    半生タイプのキャットフードは食いつきが良い為、人気があります。

    ですが、半生な状態を維持する為に、防腐剤や添加物、合成着色料などが多量に使われているので注意が必要です。

    6.猫の年齢に関係なく食べられるもの

    猫も人間同様に、年齢によって必要なカロリーは変わってきます。
    高齢であまり運動をしないのに、昔のような高カロリーのキャットフードを食べていると肥満の原因になり、病気にかかる可能性が高くなります。

    栄養バランスが整っており、低カロリーのキャットフードを選んであげることで、高齢になっても体調管理がしやすくなります。


    上記のポイントを押さえて、愛猫の健康を考慮されたおすすめのキャットフードをランキングで紹介します。

    獣医がおすすめする安全なキャットフード比較ランキング

    総合栄養食の「カナガン キャットフード」

    カナガン

    項目 内容
    出産国 イギリス
    主要原料
    人工添加物の有無 人工添加物不使用
    穀物の有無
    マグネシウム 0.09%
    カルシウム 1.58%
    水分 7.00%
    フードのタイプ ドライ
    対象 子猫からシニアまで全ライフステージに対応

    穀物(グレイン)不使用のカナガンは専門家の分析のもとに、イギリス産の平飼チキンを60.5%使用しタンパク質と炭水化物の比率を適正に調整しています。

    また、ミネラルを多く含む海藻や尿路結石を予防するクランベリー、白血球の生成を活性化するマリーゴールドなどの野菜や植物、ハーブを配合。

    ヘルシーで栄養価が高く、理想的な栄養バランスのキャットフードです。

    カナガンボタン


    動物栄養学者と共同で作られた「シンプリー」

    シンプリー

    項目 内容
    出産国 イギリス
    主要原料
    人工添加物の有無
    穀物の有無
    マグネシウム 0.14%
    カルシウム 2.1%
    水分 7.00%
    フードのタイプ ドライ
    対象 10ケ月目以降

    現在、魚系のキャットフードを与えていて食いつきに不安がある方は「原材料の53%がサーモン」で作られているシンプリーがおすすめです。

    メーカーの発表では食いつき率が100%とされております。信憑性を疑ったのですが、実際に利用をされた飼い主様の話を聞いても「食べなかった」という回答はないので、今の段階では安心しておすすめができるキャットフードです。

    シンプリー公式


    20年の実績がある「FINEPET’Sキャットフード」

    フィネペッツ

    項目 内容
    出産国 イギリス
    主要原料
    人工添加物の有無
    穀物の有無
    マグネシウム 0.07%以上
    カルシウム 1.1%以上
    水分 10.00%以下
    フードのタイプ ドライ
    対象 2か月目以降

    お試しパックのある「FINEPET’Sキャットフード」は、いきなりキャットフードを切り替えるのに不安がある方におすすめ。

    栄養価の高いキャットフードに切り替えようと思っても、食いつきや価格を考えると躊躇ってしまいませんか?

    もし、悩んだのであればお試しパックがあるFINEPET’Sキャットフードで一度様子を見てみるのも一つの手です。

    穀物が多く含まれている市販のキャットフードでは消化が悪く排泄物のトラブルになりやすいのですが、FINEPET’Sでは消化吸収率が87%と高く、少ない量でもしっかりと栄養がとれるように作られています。

    いきなり切りかえるのはためらいがあるけれども、体調や毛並み等にどのような影響が出るのか気になる方にはおすすめです。

    フィネボタン


    キャットフード総合比較一覧表

    項目 カナガン シンプリー フィネペッツ
    主原料
    価格
    3,960円
    1.5kg

    3,960円
    1.5kg

    2,286円
    500円(初回お試し)
    1kg
    栄養バランス 肉70%
    野菜30%
    サーモン53%
    穀物/野菜47%
    配合未記載
    穀物の有無


    マグネシウム/
    カルシウム

    0.09%
    1.58%

    0.14%
    2.1%

    0.07%以上
    1.1%以上
    種類と年齢 全種全年齢 10ケ月目以降 2か月目以降
    フードのタイプ ドライ(カリカリ) ドライ(カリカリ) ドライ(カリカリ)
    総評
    穀物不使用で栄養バランスも良く推奨

    肉系が苦手な場合は推奨

    まずは試してみたい方に推奨

    愛猫のキャットフードについて|まとめ

    食生活によって私たちの体調が変わったり、病気の治りが早くなるのと同じで、愛猫の食生活を正しく見直すことで病気の治りが早くなったり、健康で長生きができるようになります。

    キャットフードには類似品や偽物も多く出回っているので、トラブルを防ぐ為にも公式ホームページからの購入をおすすめします

    カナガン2 肉系のキャットフードならカナガン公式HPへ
    シンプリー2 魚系のキャットフードならシンプリー公式HPへ
    フィネペッツ2 お試しパックならフィネペッツ公式HPへ
        %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. 2016年 4月 26日
    2. 2016年 4月 26日
    3. 2016年 4月 26日
    4. 2016年 4月 26日
    5. 2016年 4月 26日
    6. 2016年 4月 26日

    おすすめ記事

    ページ上部へ戻る