猫アレルギーの原因は?治るの?

ハ、ハ、ハ・・・ハーックシューン!!!!

猫がそばにいると、なんだか鼻や目ががムズムズ…

これってもしかして…猫アレルギー?

 

SPONSORED LINK

 

猫が大好きなのに、猫アレルギーが原因で飼えない人って、
実は意外に多いんです。

しかもすぐに症状があらわれるわけではないので、
飼いはじめてしばらくした頃に、
くしゃみや鼻水が止まらなくなったなんて話も聞きます。

 

ここでは猫アレルギーの症状と原因
そして猫アレルギーって治るのかなど、気になる情報をご紹介します。

猫アレルギーだけど、猫を飼いたい方は必見です!

 

猫アレルギーの症状とは

Original update by : 足成

 

もしかして猫アレルギーかも、と思う場合には何等かの症状が出ます。

猫アレルギーの軽い症状としては…

・くしゃみ

・鼻水

・目のかゆみ

・喉が痛くなる

 

など、花粉症やハウスダストと同じような症状がでます。

それが重度になると…

・皮膚のかゆみや腫れが見られる

・呼吸困難を起こす

 

など、たかがアレルギーとは甘く見ていられない症状が起こります。

元々、喘息を持っている人やホコリに弱い人、花粉症の人は、
アレルギー体質なので、猫を飼うのが困難になる可能性があります。

 

猫アレルギーかもしれない判断は以下の通りです。

・猫と同じ空間にいる時だけ症状がでる

・猫に触れたり、抱っこをするとくしゃみや鼻水が出る

・猫の毛に触れた部分がかゆい・ただれる

・猫に触られたり舐められた部分が赤くなる

・猫が近くにいると呼吸が苦しくなる

 

こんな前触れがあったら、
もしかすると猫アレルギーである可能性が出てきます。

それ以上、猫には近づかずに検査を受けることをおすすめします。

スポンサードリンク

 

猫アレルギーの原因とは?

猫アレルギーの原因は、猫の体内やフケなどに含まれる、
「アレルゲン」という物質が深く関係しています。

猫の毛などに付着したアレルゲンが人間の体内に入ると、
「危険な異物だ」と判断します。

そのアレルゲンに対して過剰に反応した人の免疫力が、
猫アレルギーの症状として表れているのです。

 

そもそもアレルギーとは、
体内に入ってきた異物に対する過剰な免疫反応です。

あなたの身体を守るために、
全身的もしくは局所的に起こる障害のことです。

 

アレルギーはⅠ型〜Ⅳ型の4種類に分けられますが、
猫アレルギーは花粉症や蕁麻疹と同じⅠ型アレルギーに分類されます。

だから、猫アレルギーの症状は花粉症などに似ているんですね。

 

猫アレルギーを克服したい!対策とは?

Original update by : 足成

 

猫アレルギーで重要視されている「アレルゲン」は、猫の体に付着しています。

ですから、猫が移動すればアレルゲンも移動するということです。

 

〇こまめに掃除をする

猫アレルギーを克服するための対策としては、
こまめに掃除をすることが必要になります。

特に布製のものは、アレルゲンが付着しやすいといわれています。

寝具からクッション、ソファ、カーペットなど、あらゆる布製品が危険です。

掃除機をかける、洗えるものは洗濯するなどして、
アレルゲンが空気中に飛び散るのを防ぎましょう。

意外と見落としがちなのがカーテンです。

カーテンは窓の開け閉めにより、外側からも内側からもホコリが付着しやすいです。

ホコリがたまるところには、アレルゲンも吸い付きやすくなります。

出来れば2ヶ月~3ヶ月に一度は、カーテンも洗濯するようにしましょう。

また可能であれば布製品を布以外のものに買い替えるのもおすすめです。

 

〇部屋の空気をクリーンに保つ

猫の体に付着しているアレルゲンは、空気中にも散布しています。

ホコリが舞い上がるのと同じで、
誇りとともにアレルゲンも飛び回っているのです。

そこで取り入れておきたいのが空気清浄機です。

目に見えないホコリやアレルゲンは、
空気清浄機を使うことで軽減することができます。

 

猫アレルギーがひどくなるとどうなる?

猫アレルギーと分かっていても猫を飼っている人や、
猫アレルギーがもっとひどくなるとどうなるのでしょうか。

猫アレルギーにはまだまだ、解明されていないことも多いのが事実です。

 

猫アレルギーがひどくなると、
アレルギー疾患の悪化が考えられます。

毎日毎日、猫によるアレルゲンを体内に入れ続けてしまうことで、
アレルギーが悪化すると、喘息の症状が出てくることがあります。

喘息は常に息苦しい状態で、夜も眠れなくなるなど生活に支障が出ます。

今は大丈夫でも、このまま悪化すれば、
喘息になってしまうという可能性は覚えておきましょう。

 

また、猫アレルギーの状態が常に続いていることで

免疫力が低下してしまい、
それ以外のアレルギーにかかりやすくなるともいわれています。

これまで花粉症ではなかったのに、猫アレルギーの悪化で、
猫アレルギーと併発する形で症状が出てくる場合があるのです。

 

猫アレルギーの治し方!病院は何科?

現状では、猫アレルギーは一度顕在化すると、
治療によって根治することは難しいといわれています。

現在、分かっている治し方としては、花粉症などと同じ対策をとります。

病院を受診して、猫アレルギーの症状を緩和する薬を処方してもらうのです。

これで症状がある程度、緩和されます。

病院に行く場合は皮膚科、内科、アレルギー科に行きます。

 

完全に克服するのは難しいですが、症状を緩和させるためには

アレルゲンが発生しにくい環境を作ることが大切です。

猫アレルギーのほとんどの人がアレルギー体質である場合が多いので

自分自身の体質を整えることも必要ですね。

例えば…

・食生活を見直す

・腸内環境を整える

・身体を温めて免疫力をアップさせる

 

プラス、猫と過ごすときの環境を見直していくと、
改善が見込めるのではないでしょうか。

 

猫アレルギーを治す薬の注意点!副作用とは?

アレルギーの薬は全て、アレルギーを治す薬ではありません。

あくまで起こるはずのアレルギーを抑える薬なのです。

薬を飲むことで猫アレルギーが治ると勘違いしている人が多いです。

 

薬を飲めば、アレルギー症状は緩和されます。

すると薬を飲むのをやめてしまう人がいるのです。

結果、アレルゲンが除去されていない場合は再発します。

また、薬の容量を守って飲むようにしましょう。

たくさん飲んでも効果が劇的に変わることはありません。

むしろ、副作用に襲われる可能性が高いです。

 

アレルギーに対抗する薬を飲んだ場合の副作用は…

・吐き気

・肝臓機能低下

・黄疸

 

さらに稀に表れる症状としてアナフィラキシーショックがあります。

薬を服用していて何かしら異変を感じた場合は、
すぐに服用を注意して病院に行きましょう。

 

本当の意味でのアレルギーの治療は、
アレルゲンのない環境を探すことです。

猫の体をキレイにしたり、空気清浄機を置くなど、対策を取りましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

猫アレルギーの原因は猫の体に付着しているアレルゲンが、
人の体内に入ったことで、異常に反応していることにあります。

対策としては猫に近づかないのが1番ですが、
猫好きさんや猫を飼っている人の場合、難しいですよね。

 

その場合はアレルゲンを掃除や空気清浄機で除去したり、
猫事態をシャンプーしたり、毛並みを整えてあげるなど、対策が必要になります。

花粉症などと同じように薬を飲んで対応することも可能ですが、
まずはアレルギー体質の改善を考えるのが良いといえるでしょう。

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る