犬の椎間板ヘルニアの初期症状は?治るの?

みなさんは、椎間板ヘルニアと聞いて何を思い浮かべますか?

まず、ミニチュアダックスフンドを思い浮かべる人が、
多いのではないでしょうか。

しかしこれは、ミニチュアダックスフンドに限った病気ではありません。

 

SPONSORED LINK

 

ミニチュアダックスフンドの飼い主であれば、
椎間板ヘルニアについての知識を持っている人は多いかと思いますが、
他の犬を飼っている人はどこか他人事だと思っていませんか?

 

しかし、そんな方もぜひここで、
椎間板ヘルニアの原因や予防策、治療法などを、
一緒に学んでほしいと思います。

まずはその原因からみていきましょう。

 

犬の椎間板ヘルニアの初期症状や症状とは?

Origanl update by : Toshihiro Gamo

 

犬の椎間板ヘルニアの初期症状を知ることは、とても大切です。

初期症状を知ることで、早期発見が可能になるからです。

あなたの愛犬は必ず、
初期症状といえるサインを出しているはずです。

その中でも、よくあるサインは以下の通りです。

・歩くときに腰が左右に揺れている

・歩くときに背中が丸まっているまたは、うなだれている

・1人で遊んでいる時に、突然「キャン」と叫ぶことがある

・体を撫でようとすると動きが止まったり、キャンと鳴くことがある

・抱っこ好きだったのに抱っこを嫌がるようになる

・散歩の途中で突然歩けなくなる

・寒くもないのに小刻みに震えている

 

これらは初期症状ですが、これが進むとどんな症状になるのでしょうか。

椎間板ヘルニアは、発症する場所や悪化度合いによって症状も様々です。

よくある頸部や背中、腰などの部位に起こる症状としては、
以下のようなものがあります。

・首や腰に鈍い痛みが発生するので、触られたり抱っこされるのを嫌がる

・重度になるとその部位だけではなく、脊椎を通して、四肢もしくは後ろ足が麻痺する

・自力で立ち上がれなかったり、歩けない、足を引きずる

・もっとひどくなると食欲がなくなり別の病気につながるおそれがある

 

愛犬にとって放ってはおけない事態なのは、いうまでもありませんね。

 

スポンサードリンク

 

犬の椎間板ヘルニアの原因とは?

椎間板ヘルニアの原因は…

・生活習慣によるもの

・加齢のよって起こるもの

・犬種によってなりやすい

 

があります。

生活習慣によっては太りすぎであったり、痩せすぎである場合があります。

こういった体への負担は、椎間板ヘルニアを引き起こしやすいといえます。

 

また、全力疾走や段差の大きい階段の上り下り、
跳ねたり体をよじったりすることなど、
激しい運動による椎間板への負担も原因といえるでしょう。

 

老化によって骨がもろくなり脊髄に負担がかかると、
椎間板にも負担がかかるようになります。

この負担が椎間板へ損傷を与えて、
脊髄やその神経を攻撃して痛みや麻痺を生み出すのです。

 

椎間板ヘルニアになりやすい犬種とは?

Orignal update by : gizzypooh

 

犬には様々な種類がいますが、
中でも椎間板へルニアになりやすい犬種がいます。

・ダックスフンド(ミニチュア・ダックスフンド)

・ビーグル

・シーズー

・アメリカンコッカースパニエル

・ウェルシュ・コーギー

・フレンチブルドッグ

・ペキニーズ

 

上記した犬種は、椎間板ヘルになりやすいといわれています。

中でもダックスフンドは、約25%が、
一生のうち椎間板にかかわる障害を発症するというデータもあります。

 

このダックスフンドに代表される、
「軟骨異栄養性犬種」と呼ばれている犬種は、
軟骨形成に異常をきたしやすい身体の構造をしています。

胴が長く、足が短いという特徴は脊髄への負担が大きく
若いころから椎間板がもろくなりがちなのです。

加えてこの犬種には元気よくジャンプしたり、
全力疾走したり、吠えるという傾向がありますが、
これも椎間板へ負担をかけているのです。

 

椎間板ヘルニアの治療法とは?治るの?

もし愛犬が椎間板ヘルニアになってしまったら…

そんな時に気になるのは、「治るのか」ということです。

 

〇治る確率はどれくらい?

残念ながら、犬の椎間板ヘルニアは完治しないと言われています。

一度、症状が出てしまうと治らないので、病気にならないことが大切です。

完治は難しいですが、回復は見込めます。

初期症状の段階で治療を始めた場合は、約90%は回復が可能です。

自力で立てない、後ろ足が動かない、感覚がないなど、
症状が進んだ場合は、約50%ほどの手術成功率といわれています。

放っておけば死に至ることもあるので、早期発見、早期治療が重要になります。

 

〇内科治療とは?

犬の椎間板ヘルニアの内科治療は、比較的症状が軽い場合に行います。

薬剤で患部の痛みを和らげ、楽な姿勢・楽な寝方で安静期間をとります。

さらにコルセットで固定して、運動を差し控えることを目的とした治療です。

薬の種類の1つとして、よくステロイドなどの薬品名を聞くことがあります。

ステロイドは椎間板によって脊髄や神経の炎症を緩和し痛みを和らげます。

しかし、1週間~2週間程度の服用が限度と言われているので、
長期使用は副作用の危険性があるので注意が必要です。

 

〇外科治療とは?

症状が進んでいる場合は、手術で椎間板を取り除くことになります。

症状としては、排尿が自分でできなくなるなどの重度なものです。

また3か月間、内科治療を行っても回復が見られない場合や再発する場合は、
外科的治療法を取り入れることになります。

外科治療では全身麻酔やMRI検査、レントゲンなどの画像検査をして厳密に進めます。

脊髄神経付近での手術となるので、
不随、大量出血、最悪死亡の危険性もあるとされています。

 

椎間板ヘルニアの治療費用はどれくらい?

犬の椎間板ヘルニアの治療費用は、内科治療と外科治療で異なります。

内科治療では1回に2,000円~3,500円程度と言われています。

これが少なくとも3か月は続けなければならないので、
6,000円~10,500円はかかるということになります。

内科治療の場合は再発も考えられるので、
この治療費が長く続くといっても間違いではないでしょう。

 

一方で外科治療の場合は、手術だけでなく、
その前に行うレントゲンや全身麻酔、MRI検査など様々な費用がかかります。

その結果、30万円~60万円が相場と言われています。

病院によって費用は異なります。

大学病院、高度な医療施設、名医などにお願いすれば、
費用はもっと高額になるといえるでしょう。

 

椎間板ヘルニアの予防・リハビリとは?

椎間板ヘルニアを治療や手術で改善したとしても、
その後のリハビリも大切です。

再発を防ぐためにも、家でできるリハビリ方法を見ていきましょう。

・温浴・針・鍼治療

・屈伸運動

・水泳

・レーザー治療

 

それぞれ詳しく見ていきますね。

 

〇温浴

42度くらいのお湯で、首から腰に掛けてシャワーをかけて温めます。

湯船から脊髄が出ていたりすると冷えてしまうので、
タオルをかけて保温しましょう。

体を温めることで神経が活性化するのでリハビリに良いのです。

シャワーの後はきちんと体を乾かさないと、体が冷えて逆効果になります。

 

〇針・鍼治療

15回ほどで効果が出ると言われているのが、針・鍼治療です。

費用は1回あたり、5,000円~7,000円です。

こちらも神経に刺激を与えて効果を出す方法ですが、
術者の技量によっては効果が様々ともいえます。

また、回数を重ねても効果が出ない場合は、
病院を変えることも検討しましょう。

 

〇屈伸運動

マット状にあおむけにした状態で、自転車をこぐように、
左右ゆっくりと屈伸運動を行う方法です。

健康だった時の感覚を思い出させるとともに、
患部の神経にも刺激を与えて効果が高いといわれています。

飼い主さんと一緒に行うことで、愛犬も安心できます。

 

〇水泳

プールなどで水泳すると、
全身運動が長時間できるのでヘルニアに効果的とされてます。

もし手術の傷などがある場合は、ワセリンで防水保護しておきましょう。

良い方法ではありますが、プールの後は体が冷えているので温浴も行いましょう。

 

〇レーザー治療

整骨院などによくあるレーザー治療の他に、
超音波、低周波、電気などの機器で刺激を与える方法もあります。

費用は1回、1,000円~2,000円ほどといわれています。

 

〇食生活の見直し

生活習慣が原因で椎間板ヘルニアになってしまった場合は、
食生活を見直すことも必要です。

食べ過ぎを押さえるのはもちろんのこと、
愛犬にあった栄養素を含むフードを選んであげることが大切です。

もちろん、フードの原材料や添加物にも目を向けて、
より健康を重視したフードで食生活を見直してみましょう。

ドックフードの選び方は、こちらの「なぜ獣医師は市販のドックフードを推奨しないのか?フードの選び方とは?」でまとめています。

 

まとめ

いかがでしたか?

ミニチュアダックスフンド以外の飼い主さんも、
ちょっとドキッとしたのではないでしょうか。

胴長な犬種であったり、二本足で立つ事が癖な犬は、
注意をしてあげないとヘルニアになってしまいます。

私の友人のダックスもヘルニアになってしまい、
とても可哀想でした。涙

 

なによりもある程度予防が可能な病気なので、
日々の努力で、愛犬を椎間板ヘルニアから守ってあげましょう!!

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る