犬の気持ちは行動で分かる?勘違いしてませんか?

 

愛犬の仕種を人間の行動や気持ちと同じようにとらえてしまうことはありませんか。

 

それは大きな勘違いの元です。

 

愛犬の仕種や行動、
そして気持ちをきちんと捉えることで、
愛犬との信頼関係はますますよくなるのです。

 

SPONSORED LINK

 

愛犬と正しいコミュニケーションをとれれば、
愛犬が求めていることに対して何の迷いもなく正しく応じることができ
愛犬との愛はさらに深まります。

 

それでは犬の行動毎に気持ちをご紹介していきますね♪

 

 

舐めてくる

 

ドッグ

Original update by: Luke Ma

 

飼い主が帰宅すると愛犬が駆け寄ってきて飼い主の口の周りを
ぺろぺろと舐め回すことがあります。

 

これは、愛犬が甘えている行動で、
しかも興奮しているのです。

 

だからと言って、頭ごなしに叱りつけてしまうと、愛犬の気持ちは委縮してしまい、
飼い主との信頼関係が崩れてしまうもとになります。

 

だからと言って、いつまでも愛犬にぺろぺろと
舐められるままにすることも考え物ですよね、、、

 

この場合は、「待て」など、犬の行動を抑制する
つまり、興奮を抑えることをしなければなりません。

 

しかし、これは叱るときと同じ口調で行ってはいけませんよ。

飼い主の方も気持ちを抑制して言わなければなりません。

 

そして、愛犬が落ち着いた頃を見計らって思いっきり撫でるなど
スキンシップをしてください。

 

スキンシップは愛犬との信頼関係を築くのには大変重要です♪
大いに愛犬を撫で回してくださいね(><

スポンサードリンク

 

体をくっつけてくる

 

愛犬が飼い主の体に腹をくっつけたりしてきた場合、
それは、飼い主に甘えているのではありません。

 

飼い主がこの愛犬の行動を放っておくととんでもないことになりますので要注意です。

というのも、愛犬がお腹などを飼い主にくっつけてくるという行為は、
愛犬が飼い主に対して上下関係を試しているのです。

 

つまり、飼い主が愛犬のするままに放っておくと、
犬の方で、この飼い主は自分と同等の力関係に過ぎないと勘違いをしてしまい、
この行動はエスカレートするのみなのです。

 

ですので、犬が腹などを飼い主にくっつけてきた場合、
適当な距離を愛犬と飼い主が置くようにしなければなりません。

愛犬と飼い主の上下関係ははっきりとしなければ、犬が混乱するのみです。

 

ドッグ2

Original update by: yamauchi

 

クーンとなく

 

犬が吠えているからと言ってそれが全て怒っているわけではありません。

犬の吠え方、またはなき方は様々あるのです。

 

例えば「ウー、ウー!」と唸っているときは警戒しています。

「クーン、クーン」とないているときは、甘えているのです。

大きな声で「クーン、クーン」とないているときは寂しいというときです。

「ワンワン」と吠えるときは愛犬が警戒しているか、飼い主に何かを訴えています。

 

愛犬のなき方で愛犬の気持ちがある程度解かりますね!
飼い主は愛犬の気持ちをなき方で推し測って接してください。

 

 

自分のしっぽめがけてくるくる回る

 

愛犬が自分のしっぽめがけてくるくる回ることがあります。

 

この行動が直ぐにやむ場合は、
単に遊んでいただけですので心配ありません。

 

ところが、、、
このくるくる回る行動が定期的に続くようですと、
これはちょっと異常です。

 

この場合、愛犬は、極度のストレス状態にあることが考えられます。

ストレス状態にあるために、ヒステリックになり、
自分のしっぽを執拗に追いかけ回すのです。

 

だからと言って、この行動をやめさせようとしてうっかり手など出すと
がぶりと噛まれることもあるので要注意です!

 

これは、愛犬が強迫神経症に陥っている可能性大です。

それも重度の心の病の場合が少なくありません。

 

この行為をやめさせるには、適度の運動を毎日欠かさず行うことに限ります!
運動をする事でストレスを発散させてあげるのですね!

 

だから、散歩はとても大事なのですよ♪

毎日、散歩をすることで、愛犬の気持ちも落ち着きます。

 

 

首を傾げる

 

愛犬が首を傾げる仕種をする場合があります。

 

これは、犬が何か気になる音を聞くときの仕種で、
首を傾げることでよく音を聞こうとしているのです。

犬は人間が聞き取れない音も聞き分けます。

 

それだけ聴覚が鋭いのです。

 

愛犬が首を傾げるときは、何かを疑問に思っているのではなく、
気にかかる音を聞き分けて、その正体を知ろうとしているのです。

 

ドッグ3

Original update by: Yasuhiko Ito

 

 

他の犬に「がう」っと飛びかかる

 

愛犬が他の犬に「がう」っと飛びかかるという行動は、
愛犬に社会性が欠如しているということを表わしています。

 

ペットショップに生まれてすぐに連れてこられた場合(これは違法です)、
その犬は一生犬同士での社会性は身に付きません。

 

ただし、対人間に対しては次第に社会性が身に付いてきます。

 

仮に我が家の犬が他の犬に「がう」っと飛びかかるようでしたなら、
それは、その犬に犬同士の社会性がないということなのです。

 

これを治すのは難しいことなのです。

 

それは裏を返せば、子犬の時に少なくとも2か月は
母親や兄弟と一緒に過ごせば、
その犬に社会性は身に付く筈なのです。

 

仮に、社会性が欠如していた場合は、
愛犬を有無も言わずに抱きしめてあげます

 

それで、多少は愛犬を落ち着かせることができます。
そうすることで他の犬に飛びかかることは止められる筈です。

 

まとめ

 

犬の行動や気持ちは人間のそれとは違っています。

これは当然のことで、愛犬の仕種を人間のそれに当てはめてしまうと、
とんでもないことになりかねません。

 

犬はなき方一つとってもそれぞれ意味があり、
人間は、それを察してあげなければなりません。

 

また、愛犬が可愛いからと言って
飼い主との関係をはっきりさせないと、
それは愛犬ばかりでなく、飼い主にとっても不幸の始まりになります。

 

また、犬の行動一つ一つにはそれぞれ意味があることを
しっかりと把握しておくことが愛犬との程よい関係を築くには必須です。

 

これから、家族の一員として生きる愛犬の一生を幸福にするのも不幸にするのも
飼い主次第なのです。

このことを認識しているかどうかで、犬への接し方は大きく変わります!
ぜひ可愛がって犬を飼ってくださいね♪

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る