犬の視力はどのくらい?夜でも見えてるの?

 
犬はよく目が見えてない、視力があまりよくない・・・

そう言われますね。
でも、実際にはどの程度見えてるものなんでしょう?

 

SPONSORED LINK

 

友達が来たら嬉しそうに懐いて、わたしへの甘え方と
寸分違わない態度のわたしの犬。

 

おーい、飼い主はわたしだよー、顔の区別ついてるー?
って悲しいかも(><)

 

いえいえ、どれくらい顔が見えてるのかが気になっちゃうだけ。

 

もしかして、銅像と並んで立ってたら、
わたしと銅像の区別つかないとか?

 

夜、暗くなってからの散歩、わたしは足元をライトで照らさないと
怖々の暗い夜道だけど、愛犬は比較的スイスイ歩いてるような・・・

 

視力が悪いと言われていることと、夜の見え方は違うのかしら?

 

そういった犬の視力のフシギ、疑問をちょっと調べていきましょう!

 

犬の視力って、人間よりいいの?悪いの?視野はどのくらい?

 
image1[1]Orignal update by : The U.S. Army

 

視力がいいか悪いか、これを一言で片づけてしまおうとすれば、
犬の視力は人間に劣ります

 

犬にはそれで全然困ることではないんですね。
嗅覚や聴覚が非常に優れてますから、視覚に依存する必要を感じないんです。

 

老いて視力が落ち、聴力や嗅覚も衰えて実生活に支障を
きたすようになったならともかく、まだ若いのに、
見えなくて困るんですけど・・・と訴える犬はいませんよね。
訴えられても困りますけどね^^;

 

ちなみに犬は近視です。

 

だからあまり遠く離れたもの、そして、静止した遠方の物は
視覚でとらえにくいんです。
逆に、動体視力は優れています。

 

狩りの本能も手伝っているということでしょうか。
牧羊犬などは動体視力に頼るため、1500m先まで認識できるのです。

 

視野に関して言うと、人間に比べて非常に広いんですよ。

 

犬の両目は人間に比べて離れてついていると思いませんか?

 

人間の視野が約180度なのに比べ、犬は、両目での立体視野は
100度ほどですが、左右それぞれを合わせると250度以上まで
見ることが出来ると言われています。
かなり広い視野ですね。

 

頭の幅が狭い犬種ほど、300度に近づく傾向があります。
ちょっと愛犬の顔の斜め後ろから手を振ってみて試して下さい。
あれ?という感じで振り向きますから。

 

人間はそんな角度で気づかないよ~、という角度でも、
何?という顔でこっちを見たりしますよ。
広範囲の視野で物を見ているのは確かです。

 

視力は衰えていますが、野生で生きていくための
本能的な部分は生きているんですね。

 

ではすごく気になる、愛犬から見た飼い主の姿・・・。
どんな風に見えてるんでしょうね?ちょっと考えていきましょうか。

 

スポンサードリンク

 

犬から見た飼い主は?

 
視力が良くない分、やはり残念ながら、飼い主の顔を
鮮明に視覚で捉えているわけではない犬という生き物。
輪郭も多少ぼやぼやしていて、ピントも合っていないようですね。

 

でも、飼い主一家さんの中、この人がボス、と
見極めた人には従順な態度を取る。
これは顔で見分けているわけではないのでしょうか?

 

たとえば匂いや足音、それに頼っていないとも言えないのですが、
顔を隠す実験をしたデータがあり、そうすると犬は飼い主さんを
完全に見つけられなかったという記録が残っています。

 

やはり、匂いや声などと同時に、大好きな飼い主さんの
を見ようとするんですよ。

 

くりっとした目で飼い主さんの顔を見つめるのは、
全然無意味な行動ではないんですよ。
大好きなお母さん、と、その顔を認証?しているんです。

 

人間が見る人間のようには見えていなくても、たとえピンボケでも、
犬の目に映る飼い主さんは、他の人とはちゃんと区別がついています。

 

でも、ちょっと残念なのは、近視なので、10m以上離れてしまうと、
飼い主さんの顔を判別できなくなってしまうことですね。

 

それでは、そんな風に飼い主さんを見る時、
そして散歩に行って色々な風景を見る時に、
犬はを識別しているんでしょうか?

 

例えば飼い主の洋服の色とか見えてない?
モノクロって本当でしょうか?

 

これを見ていきましょう!

image2[1]Orignal update by : swong95765

 

犬が見る世界は白黒って本当?色の区別はつかないの?

 
長年犬の視界はモノクロ世界と思われてきましたが、
近年の研究で、三つの色だけは見えている、
区別がついているということがわかってきました。

 

何色でしょうか?
 

・紫
・青
・黄色

 
この三色は見分けているそうです。

 

完全に白黒にしか見えないと思われてきた犬の世界、
これだけでも見えていると思うと、ちょっと嬉しくなりますね。

 

あ、わたしの今日の青い服は見えてるのかなあ、
お母さんの色だ、なんて思ってるかなあ、と思ってしまいませんか?

 

人間の目には、色を識別する細胞があるんですが、
犬はそれが衰えています。

 

ですから、錐状体(すいじょうたい)と呼ばれる
その細胞で認識できる色は、ごく僅かでしかありません。

 

たとえばドッグフード。

 

人間の目にはカリカリフードもウェットフードも、
お肉や野菜を意識した、食欲をそそる色になっていて、
美味しそう、犬も喜ぶかな、と思いますが、犬はこの色を
認識できていません。

 

食に通ずるこの色は白黒です。

 

美味しい色が見えない、楽しめないのは人間サイドの
勝手な感覚ではちょっと可哀想な気もしますね^^;

 

赤は全然駄目、と言われています。

 

ですから、女の子だから可愛い色ね、と赤い毛布の上に
赤のボールを投げて遊んであげると、逆に見えなくて
戸惑ってしまう・・・ということも起きるかも知れませんよ~。

 

それでは、視力にあまり頼っていなさそうな犬ですが、
暗いところ、夜、こういった環境下では、
人間に比較してどれくらい見えるんでしょうか?

 

これを見ていきましょう。

image3[1]http://www.photo-ac.com/


(夜の犬散歩とイルミネーションの街 / ボーダーコリーエル娘)

 

犬は暗い夜でもよく見える!

 
動画の犬を観察すると、比較的明るい場所ではあるんですが、
夜の散歩にも特に困った様子もなく、元気に楽しく歩き、
色々な物を興味深げに見ている様子が可愛いですね。

 

さて、実際暗い夜の犬の視覚はどうなっているでしょう。

 

暗いところでパシャっとフラッシュを焚いて犬の写真を
撮った時、犬や猫の目が光っている経験はあると思います。

 

犬にはタペタム、という反射板の役割をする機能が備わっています。
これは、弱い光でも2倍にして反射する優れた機能なんですよ。

 

また、光を感知する機能を持つ、杆体(かんたい)という、
眼の中の細胞が、人の8倍ほどもあるので、僅かな光もキャッチし、
利用することができます。

 

ですから犬は人間以上に夜目が利き、暗いところでも
歩くのに困らないのです。

 

視力に頼るのではなく、ごく僅かな光を利用して、
夜目を発達させているんですね。

 

飼い主さんが暗い夜の散歩で電柱や木にぶつかっていても
犬は障害物を避けて歩くことができる,、、、
そういう不公平さは普段の視力のない犬に与えられた、
夜目という公平な幸運だと思ってあげましょうね。

 

夜道を元気に散歩する愛犬の姿は可愛いものですよね。
でも、夜の散歩は飼い主さんも気を付けて!

image4[1]Orignal update by : rawdonfox

 

まとめ

 
さて、犬の視野や色の識別能力など、犬の視力に関して
まとめてみました。

いかがでしょうか?

 

嗅覚や聴覚に頼りがちと思われる犬ですが、暗い中では
僅かな光をキャッチするすごい力を発揮したり、左右それぞれに
広い視野を持っていたり、眼に意外な力を持っているんですね。

 

そして何より、飼い主さんの顔をちゃんと判別しているのは嬉しいことですね。

 

可愛い目で見つめられると、何を見てるの?どこを見てるの?と
問いかけてしまいたくなりますが、飼い主さんの表情
ちゃんと見分けようとしています。

 

怒った顔をしないで、笑いかけてあげましょう。
あなたの愛犬は、犬であるがために視力は人間に劣っていても、
その僅かな視力を振り絞って、飼い主さんの笑顔を見ようとしていますよ。

 

愛犬の目に、わたしが、世界がどんな風に見えてるのかな?って考えると、
愛犬にちょっと近づけたような気持ちになりますね。

 

病気ドッグ

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る