猫が飼い主を噛むのはなぜ?その理由は「反抗」ではない?

犬では噛み癖をしつけるのが大変、って聞いたことはあったんだけど、うちの猫も実は噛み癖がひどくて・・・子供も怖がってしまっているし、何で噛んでくるのか全然わからないのよね・・・

 

と、近所の猫友達に相談をもちかけられました。

 

SPONSORED LINK

 

実は我が家の愛猫も撫でていると急に噛んでくるのでなんでだろう?とずっと気になっていたんですよね(^_^.)

 

ここではそんな猫が飼い主を噛んでしまうさまざまな理由についてみていきたいと思います☆

それではさっそくみていきましょう!

 

噛み癖がある病気などはありますか?

Original update by : Lali Masriera

 

特定の病気になると噛み癖がつく、ということはありませんが、なんらかのケガや病気で痛みを伴う時に飼い主を噛むようになってしまうことがあります(>_<)

単純にしっぽを踏まれてびっくり+痛みで噛んでしまうこともあれば、ケガや病気で痛む場所を触られた場合や、口内炎、緑内障、内臓疾患などさまざまな原因で痛みが生じた際に噛んでしまうことがあります。

これらは「噛み癖」とはちょっと意味合いが違いますが、ケガや病気で噛まれることがある、ということを覚えておいてください(*_*)

 

では、甘えていたのに急に噛んでくるのにはどんな意味がこめられているのでしょうか?

 

噛む理由はもしかして愛情表現?

よく、気持ちよさそうにゴロゴロいいながら撫でられていたのに急に撫でていた手をカプッと噛んでくることってありますよね?

これにも実は理由があって、「もう十分だから止めて~」という気持ちの表れなのです(^_^.)

自分から甘えてきたのに、本当猫って気まぐれね!と思うかもしれませんが、それが猫のかわいいところでもあります(笑)

 

また、仔猫に多いのですが、遊んでいるうちに急に強く噛んでくることがあります(-“-)

これは社会化を学ぶうえで必要な行動の一つなのですが、本来は仔猫同士で噛み合うことで“力加減”を覚え、これぐらいの強さで噛んだら痛いんだな、ということを学びます。

この社会化は生後3か月までに学ぶことが重要で、それより早い時期に兄弟と離れ離れになってしまうと社会化がうまくできず、噛み癖がついてしまったり、加減がわからず強く噛んでくることがあります(>_<)

たいていの場合は大きくなるにつれて噛まなくなるので、成猫で噛み癖がついている場合は他の原因が考えられます。

 

これらは愛情表現とはちょっと違いますが、ある意味心を許している証拠かもしれませんよ!?

 

では、あるとき急に噛むようになった場合にはどんな理由が考えられるのでしょうか?

 

猫がいきなり噛むようになった、その理由は?

Original update by : Artis Pupins

 

今まで噛むようなことがなかったのに撫でようと思ったら急に噛むようになった、なんてこともあります。

これまでそんなことがなかったため、性格が変わってしまったのか!?反抗期なのか!?元に戻るのだろうか?とあれこれ考えてしまいますよね。

 

もちろん、こうなってしまうのには理由があります。

  • 痛み
  • ストレス
  • 恐怖心

主にこれらの利畏友が考えられます。

 

痛みによる噛み癖は前々項でお話ししましたが、大きな物音や窓の外にいる野良猫などにストレスや恐怖心を抱いたり、環境の変化や空腹などにストレスを感じることで噛んでくることもあります。

決して飼い主さんのことを嫌いになったわけではありませんので、何か心当たりがないか考えてみてください。

噛み癖スイッチをいれてしまった原因を取り除けば元の穏やかな性格に戻るので、なんとかその原因を突き止めてみましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?

「噛む」という行動にはさまざまな意味や理由があるということがわかったのではないでしょうか?

噛むからといって反抗期でもあなたを嫌いになったからでもありません!

噛むということは猫なりの気持ちのアピールなので、声なき声に耳を傾けてお互い快適な生活が営めると良いですね(^^)

    %e7%8c%ab%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92   %e7%8a%ac%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

ページ上部へ戻る